google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
fc2ブログ

テクトロのアナログオシロ2465Bの修理、再び

 愛用のテクトロのアナログオシロ、2465Bの調子がまた悪くなったので、だましだまし使いながら交換部品の入手を狙ってました。

 以前はZ軸のアンプが故障したのですが、今回の故障は垂直系のリニアリティ不良です。(ch1,2のみ不良でch3,4は正常)。

▼垂直のリニアリティ不良
リニアリティ不良
 三角波を入力するとこんなふうに表示されます。画面の位置によって感度が違っている状態で、これでは正確な電圧測定が出来ません。時間が経つと、リードアウトの文字が管面外に追い出されるほど症状が悪化します。

 これは有名な故障で、ネットを探すと同じ故障にあって修理された方の記事がいくつか出てきます。こうなる原因は垂直スイッチのU400、155-0236の不良。修理にはこのハイブリッドICを交換するしかありません。

 ただ、この石は故障頻度が高いだけあって、中古市場の値段も高騰しており、1万円以上の価格が普通に付いています。ebayで tektronix 155-0236 を検索すると出てきますが、今やってみると、4件出品があり値段は8,105~18,248円でした。

 いっそのこと、臓器移植のドナーとしてもう一台2465Bを購入することも考えたのですが、こちらもヤフオクで最低1.5万円くらいが相場です。

 これだったらデジタルオシロに乗り換えちゃおうか、とも思っていたら、ebayでひょっこりイスラエルの出品者から155-0236が49ドルで3個出品がありました。私が気付いたのは3個目。すでに2個は誰かが落としていました。同じこと考えている人が世界中には何人かいたってことでしょうか。

 ということで、格安で155-0236を入手できたので修理敢行です。

▼テクトロのアナログオシロ2465Bの内部
Tektronix 2465B
 いつ見てもほれぼれします。この設計はアナログエンジニアの中でも、選ばれし人にしか出来ません。

▼交換するICのU400
2465BのU400 155-0236
 中央の縦長のICがU400です。

▼U400のソケット
U400のコネクタ

▼155-0236の内側の比較
ハイブリッドIC, 155-0236
 上が故障品。下が交換用に購入した部品です。厚膜パターンで書かれたP/Nのマスクが違うので別のロットのようです。ちなみに表面にマーキングされているLotNo.は 故障品は APR 15 96でしたが、交換用は242 19E。故障品は1996年の4月15日の製造なんでしょうが、交換用に入手した物は何年頃の製造なんでしょうね。

▼U400を交換後の波形
正常波形
 修理の結果綺麗な三角波が表示できるようになりました。ゲインなどを再調整した方が良いのでしょうが、とりあえず大きな誤差は無さそうなのでこのままケースを閉じることにします。

▼波形の確認風景
波形測定
 右側はHPのファンクションジェネレーター、3314Aです。最近はあまり回路いじりをやらないので出番は少ないですが、こういう測定器を持っていると、いざと言う時にすごく助かります。

 とりあえず修理が成功して良かったです。問題はいつまでこうやって修理を続けるかです。どこかでデジタルオシロに乗り換えることになると思いますがどうしましょう。
関連記事

tag : テクトロアナログオシロ修理U400255-0236

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

>いつ見てもほれぼれします。この設計・・・
こんな回路を設計できる人の頭の回路はどうなっているのか?、
そっちの方が不思議でなりません(理解できるラジオペンチさん然り^^;)。

鍛冶屋さん、今晩は

コメントありがとうございます。

私が理解できるのは、見て判るごく一部の範囲ですが、20年以上前の部品で、この性能の回路を設計、製造したのはすごいと思います。

これは想像ですが、ミニタリーの需要があって超一流の人材が集まったということもあると思います。

凄過ぎます

う〜ん、ご自身でハイブリッドICが怪しいと特定され、実際に交換して、そして直してしまう行動力が凄過ぎます!

re:凄過ぎます

ネットにこの故障に関する情報がたくさんあるので助かりました。

修理と言っても、故障部品の特定が出来たら、部品を手に入れて交換するだけで、交換はドライバーが一つあれば済みます。

それと、テクトロの2445Bの入手おめでとうございます。ブログ拝見してます。

オシロ推奨機種

初めまして、記事を楽しく拝見させて頂きました。
計測器に関しての造詣の広さと深さに驚きました。
(カメラもお好きなようで、ちょっと親しみも感じたり)

私もおそらく同年代、延長雇用中の技術屋です。
趣味で古いオーディオアンプの修理や、簡単な
アンプ設計などをやっています。

そこで、大変にお詳しい計測器について、アドヴァ
イスを頂ければ嬉しいなと思い、コメントさせて頂き
ました。

古い高帰還アンプは、位相補正の狂いから超高域
発振が付き物ですが、手持ちの安いデジタルオシロ
(REGOL DS-1054Z 50MHz)では発見できない場合
も多く困っています。(基本波240MHzとかで発振)

そこで、安価な中古の広帯域アナログオシロを手に
入れたいなと思っています。テクトロ246Xシリーズの
出品が多いのでと思ったのですが、貴記事を拝見し
てハイブリッドICの信頼性が怖くなりました。

テクトロの他に、岩通(76XX、78XX等)、HP(→アジレ
ント→キーサイト)等も含め、お勧めの機種をお教え
頂ければ有難いです。高周波域での波形再現性は
あまり重視しませんが、例えば「240MHz辺りに三角
波状の発振が有る」のを観測できる必要が有ります。

ビンテージオーデイオの修理では、主にHP 8903B
オーディオアナライザ(20Hz~100kHz正弦波発振で
の各種計測)、菊水183ミリバル(2ch,10Hz~0.5MHz)、
デジタルテスタ2台、LCRメータ(DE-5000)、簡易hfe
計、そして上記デジタルオシロで行っています。
(チューナーにはFM/AM標準信号発生器も欲しい)

他に「これは有った方が良いよ」と言う計測器類も
有れば教えて下さい。(安価に手に入る中古品等)

宜しくお願い致します。

re:オシロ推奨機種

綾過部 寂夜さん、今晩は。

アナログオシロでテクトロ以外だと、私なら岩通のオシロ(シンクロ)を買うと思います。最後までブラウン管のアナログオシロを市販していたメーカーなので、その心意気に敬意を表したいと思います。とは言っても、ヤフオクの中古狙いです。

ところで、240MHzの三角波の観察となると、帯域は1Ghz以上必要になるし、プローブも10MΩのパッシブではほぼ無理で、50Ω系の物にしないといけません。そんなことで、難度は高いと思います。

そんなんだったら、波形観察するよりはスペアナで見た方が良さそうな気がします。発振していればスぺアナなら一発で判るし、微妙な変化も把握し易いはずです。ただ、あまり低い周波数は苦手です。

スぺアナは私も欲しいのですが、ラジオや無線は現在やっていないので無くてもとりあえず何とかなっています。でも、SDRのドングルを使ったスペアナをすぐに使える状態に立ち上げておいても良いかなと思っています。

No title

こんにちは、ラジオペンチさん。ご回答有難うございました。

なるほど、1GHz帯域要で50Ω系プローブですか・・・パワーアンプ終段以外だと「回路途中にちょっと接続して波形観測」って訳には行かないですね。お値段も凄い事になりそうです。

了解しました、今度は中古のスペアナを探して見ます。(と言っても広帯域アナログオシロにも未練が・・)

しかし、会社では当たり前に在って定期校正されていて、好き放題に使っていた計測器ですが、会社を離れるとなるとなかなか大変ですね。お金・場所・校正・修理が難問ですw

re:綾過部 寂夜

50Ω系と言っても、510Ωくらいの抵抗通して同軸線で引き出すくらいで済むと思いますが、インピーダンスの高いところだと、おっしゃるようにちょっと引き出して、なんていかないですよね。

こういう話をしているとSDRのレシーバーを触りたくなっちゃます。
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。
記事の内容のご利用は読者の自己責任でお願いします。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード