google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

テクトロのアナログオシロのハイブリッドIC内部写真

 先日テクトロのアナログオシロ2465Bの修理のためにハイブリッドICを交換しました。その時外したICを分解して中を見てみることにします。

▼分解するIC
Tektronix hybrid IC 155-0236
 部品の型番は155-0236。回路図での名前はU400でCHANNEL SWITCHです。

 以前別のICを交換した時に、裏側のハイブリッドICの黒色のセラミックキャップを開けようとして、ミニルーターにダイヤモンドビットを付けて切断を試みたのですが、相手が固すぎてほとんど歯が立ちませんでした。まあ、怪しいビットだったということもあるでしょう。

 そういう反省から、今回はもっと野蛮な道具で挑むことにします。w

▼ハイブリッドICと工具たち
バイスグリップなどで破壊を試みる
 中央が今回分解するハイブリッドIC。黒く見えるのがおそらくアルミナ製のキャップで、このキャップを開けて中を見るのが今回のミッションです。

 最初はキャップを100円ショップで買ったロッキングプライヤーで掴み、フィンに回転トルクをかけてキャップを外すつもりでした。でもそんなことしなくても、ロッキングプライヤーで思いっきりキャップに噛み付いたらセラミックが壊れて中が見えてきました。バイスグリップとも呼ばれている通り、噛み付く力はめちゃめちゃ強力です。

▼内部
キャップが外れた
 ベアダイのトランジスタと厚膜抵抗やらがどっさり入っていると思ってたのですが、中にはチップが一つと、セラコンが3個だけ。スペシャルなハイブリッドICだけが到達できる世界だと思ってたのですが、実際にはほとんどワンチップの構成でした。

▼チップ部
IC部
 乱暴な方法でやったので、キャップ開ける時にボンディングワイヤにダメージ与えたみたいで残念です。水色の部分は絶縁層。ワイヤボンディングするパッドは金で表面処理。

 右下にセラコンがちょっと写っていますが、網目状に導電性樹脂を印刷しておいてそこに接着接続したみたいな感じです。こんなんで信頼性は大丈夫なんでしょうか?

▼チップ拡大
155-0236 DIE
 開封失敗で金ワイヤがデロデロになっていて、チップの右下と下辺の中央が欠けてますorz

 久しぶりに実体顕微鏡を引っ張り出してきて撮影しました。金属顕微鏡のような明視野撮影が出来ないのが残念です。

 この写真では細かい部分で何をやっているか判りません。でも左右と上から来るディファレンシャルのアナログ信号を最短距離で下方向に流すようになってるのは何となく判ります。DCから400MHzという広帯域を通している回路なので、只者ではありません。

 テクトロのアナログオシロの最終版で、名機と言われた2400シリーズ。そのアキレス腱はハイブリッドICの品質問題でした。特にこの155-0236の故障率が高いようです。

 今回分解したのはその原因を少しでも探りたかったのですが、不良原因は判りませんでした。まあ当然でしょう。
 厚膜ハイブリッドICの故障なら外観から何かヒントを得られる可能性も高いと思います。でも今回の故障原因となった回路の大部分はモノリシックのIC作られていました。これが経年劣化する原因って何でしょう。熱によるマイグレーションが臭い気がしますが、そうなると設計不良ということになるのでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

私も何でもばらして中を見る癖があります(内容が理解できなくても)。
どうしてアルミの、そのような頑丈なケースに入っているのでしょうか?放熱のためともシールドの為とも思えませんが。

確か、軍需品にそのようなものをよく見かけましたが。

岡目八目さん、今晩は

このアルミダイキャストのケースは放熱フィンです。実際に、動作時はけっこう熱くなります。

まあ、こんなものものしい形にしなくても良さそうです。でもこれが他社には真似出来ない高性能の証、と言う感じで、私もこのハイブリッドICには一目置いてました。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード