google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

アナログ時計を正転/逆転させるドライブ条件

 この記事は9月初め頃に書いたものです。一覧表に新しい情報が追加された場合は、ブログの記事の先頭に移動することがあります。
-- 以下は元の記事です --

 かなり記事の間があいてしまいましたが、ようやく元のペースに戻せそうです。

 さて、8月31日の記事で、アナログ式の時計の外部パルスによる正転/逆転方法につき、パルス幅などの決め方を解説すると共に、みなさんの実験結果についてコメントで教えていただけないかとお願いしました。

 その結果、いろいろな方から駆動条件を連絡頂いたので、自分の結果を含めて表にしてみました。
No.お名前 T1  T2 T3 T4 T5 Coil R1Vcc関連記事、コメント
1ラジオペンチ 17 25 3.5 12 50 90 220 5youtubeのデモ画像がある記事
2Blue  11 250 6 16 250 160 115 3 
3SWK  15 24 2.5 16.3 85 195 454 5 
4WKN-1  10 20 2 8 100 320 150 5 
5WKN-2  - - 4 16 180 320 680 5逆転のみ、限界付近?
6WKN-3  10 20 2 16 100 183 220 5 
7hiro  27 50 8 11.5 100 185 430 52-3日連続で+3ステップの誤差
9hiro-9/20a 28 10 8 11.5 90 185 400 5抵抗修正で誤差なしに改善 
10hiro-9/20b 33 10 8 14 140 132 300 5 
11WKN-9/20 25 30 10 20 100 320 250 5Tanukino電圧計の試作
13ラジオペンチ 28 15 - - - 180 330 5正転だけの結果。T2は推定
14ラジオペンチ 17 35 3.5 12 60 98 220 5MPL1152気圧計
15ラジオペンチ 17 25 3.5 12 35 69 175 5LPS331高度計
16SWK-10/3 10 95 5.5 14.3 95 195 470 5高度計良好です
17まっくん 34 50 10.5 13 100 200 466 5ダイソー D11
18座頭位置 11 95 5.5 14.4 95 196 460 5ダイソー D11,NO10
19           
   単位:T1~5 = ms, Coil, R1 = Ω, Vcc = V

 この表を見ると、私の使ったムーブメントのコイル抵抗はかなり低い物だったようです。320Ωもある物があるとは思ってもいませんでした。WKNさんからコメント頂いてますが、こんなにコイル抵抗が高いとR1の値を下げないとキビキビと動かないみたいです。

 ちなみに、正転側はみなさん結構な速度が出ているようですが、逆転側の速度があまり上がっていないようです。逆転の速度を上げるにはT5を切り詰めればいいのですが、みなさんあまり短くしてないようです。ムーブメントによっては逆転が苦手なやつがあるのかなと思います。

 Blueさんとこは3V駆動ということで、むやみに高速駆動は目指していない感じでしょうか。

 それにしてもこんなに最適な駆動条件に幅があると、調整が大変です。コイルの逆起電力をモニタしてソフトで自動的にチューニングするような仕掛けが出来れば最高ですが、難しそうです。

 ともあれ、コメントでいろいろ教えて頂いた、Blueさん、SWKさん、WKNさん、hiroさんに改めて感謝いたします。
 まだ他に情報をお持ちの方は連絡いただければこの表に追記したいと思います。よろしくお願い致します。

【更新履歴】
9月21日:No9~11追加。読者の方のデーターを追加。
9月23日:No13~15追加。自分の過去記事のデーターを追加
10月3日:No.16追加
10月4日:No.17追加
10月29日:No.18追加
関連記事

tag : 100円ショップ 目覚し時計 クォーツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

集計参考になります

こんにちは。あれからまたテストしてみました。
逆転のコマ落ちは、電流不足みたいで抵抗を30Ω減らしたら
3日以上コマ落ちなしに連続動作しています。
T1=28ms, T2=10ms, T3=8ms, T4=11.5ms, T5=90ms、コイル抵抗=185Ω, R1=400Ω, ポート電圧=5V
に数値変更になります。
もう一つのコイル132Ωの方は、まだ調整途中ですが逆転の速度が伸びないです。
T1=33ms, T2=10ms, T3=8ms, T4=14ms, T5=140ms, コイル抵抗=132Ω, R1=300Ω, ポート電圧=5V

ひとつ聞きたいのですが、この集計データは、あくまでコイル電流が電池1.5V時の数値近くで集計をしているのでしょうか?
そうでしたら、最初の方のコイルの抵抗を元に戻して標準電流でテストをします。

No title

速度を追求していたのですが、30step以上は問題ないのですが、10stepなどでは、誤動作して正転が逆転になったりすることがありました。そこで1step動作が正常になるように調整しました。
T1=25 T2=30 T3=10 T4=20 T5=100、Rcoil=320、R1=150+100で落ち着きました。
とりあえず電圧計にしてみました。分針はV単位、秒針は0.1V単位の10進表示で1V=5分という変態時計になりました。

WKNさん、おはようございます

駆動条件の連絡ありがとうございます。一覧表に追加しました。

それと、電圧計の試作記事に表の中からリンクを貼らせていただきました。発送がユニークで面白いです。

re:集計参考になります

hiroさん、情報ありがとうございます。コメントの回答が逆順になってすみません。

いただいた情報を表に追加しました。

この表は「こういう条件で駆動したら動いたよ」という情報を集めています。つまり、コイル電圧が1.5Vにはこだわっていません。
実際に、1.5V以上の電圧で駆動することで動作マージンが拡大出来ている事例もあるみたいです。

なお、同じ物に対する追加情報などもあるので、お名前の後に日付などを付けて識別できるようにしてみました。

高度計良好です。

高度計完成しました。結果はすこぶる順調で、レスポンスが悪いので、速度はあきらめましたが、山道において正転、逆転の動きの頑張り感がむしろ気に入っております。(負け惜しみでは無く)MPL115A2の気圧計も良好です。
2台共、T1=10ms,T2=95ms,T3=5.5ms,T4=14.3ms,T5=95ms,コイル抵抗=195Ω,R1=470Ωです。
R1は1KΩVRにて色々調整して見ましたが、むしろ訳が分からなくなる始末でした。兎に角気に入っており、山道を走る楽しみが増えました。有難うございました。次の記事に期待しております。

re:高度計良好です。

SWKさん情報ありがとうございます。そうやってうまく動いてる話を聞くと嬉しいです。書き込んでいただいた駆動条件を一覧表のNo.16に追記させていただきました。

時計の駆動速度が上がらない場合、針の位置の収束が遅れると思いますが、それがかえって機械式みたいなテイストになるってことですね。
中では結構ハイテクなことやってるので、そのギャップが面白いです。

高度計スピードアップしました

こんばんわ。高度計は自家用車と社用車の2台作成して便利に活用しております。実用は充分ですが、スピードアップ化出来ましたのでご報告いたします。arduinoを3V化にする事によりR1が470Ωから180Ωとなり、現在の設定値がT1=95ms,T5=95msがT1共にT5=75msとなり、ラジオペンチさんの高度計には及びませんが、スピードアップと部品削減となりました。ちなみにもう一台はT1共にT5=80msです。何より調整がポート電圧が5V物に比べると楽になります。なおその他の設定値は元のままです。

re:高度計スピードアップしました

SWKさん今晩は、スピードアップ了解です。

T1とおっしゃているのはたぶんT2のことだと思いますが2割くらい高速化できたんですね。いろいろ試して成果が出ると楽しいですよね。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード