google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

SDカードリーダーの修理

 USB接続のSDカードリーダーが壊れたので修理しました。最近では100円ショップでも売ってるくらいなので、新しく買ってもいいのですが、修理できるなら直して使ったほうがいいでしょう。

 実はSDカードリーダーはこれまでに4個くらい買っています。でも壊れたり、規格が古くなって使えなくなったりして消耗品みたいになっているのが、なんとなくいやだったということもあります。

▼動かなくなったSDカードリーダー
壊れたSDカードリーダー
 USBのコネクタを背面の凹部に収納できるようになっているタイプです。ちなみに、元はプロテイン塗装されていたのですが、加水分解でベタベタになったのをエタノールで塗装を剥がして使ってました。あのゴムみたいな感触の塗装は大嫌いです。

 ケースは上下で「はめあい」になっているだけだったので、簡単に分解できました。

▼出口で断線してます
配線が切れてます
 外に出る配線が断線していました。使うたびに180度曲げされるので条件としては厳しいのでしょうね。黒いシースは状態確認のために私が少し切り開いています。

 故障原因が判れば修理は簡単。

▼線を切り詰めてハンダ付け
線を切り詰めてハンダ付け

▼修理完了
修理完了
 はい、これで使えるようになりました。

 線が短くなったのでコネクタを収納出来なくなりましたが、断線防止のためにはかえって好都合です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

”直して使う”は、もう完全に廃れた文化になっちゃいましたね。

昔(っても30年も前じゃない)の電気製品って、取説と共に
回路図や配線図が付いていましたよね。
TVなんか、裏蓋を開ければ其処に書いてあるか図面が
貼ってありましたし。
フルカバーされた車のエンジンなんかもそすですが、”ブラック
ボックス化”された製品に囲まれてるって、なんか嫌ですね。

鍛冶屋さん、おはようございます

そうですね、昔の家電製品には回路図が貼ってあったりしました。

今じゃユーザーがいじるのは拒否という感じが多いですが、直せるものは直して使いたいですよね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード