google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

高速LEDストロボで蛇口から落ちる水を撮影

 せっかく高速で繰り返し発光が可能なLEDストロボを作ったので、手軽に撮影できる被写体として水道の蛇口から落ちる水滴を撮影してみました。

 ちなみに高速LEDストロボと呼んでいますが、カメラの世界だとLEDマルチストロボと言ったほうがしっくりくると思います。

 以下の写真の撮影条件は、
 ストロボ発光時間 100μs(シャッター速度1/10000秒相当)。発光周期 約750rpm程度。
 カメラ EOS-Kiss X2、レンズ EFS-60、露出 絞り2.8から5.6、シャッター速度 1/4~1秒、ISO800あたりです。

▼台所のこんな蛇口を撮影しました
水道の蛇口
 水をギリギリに絞って、ポタポタと水がしたたり落ちる状態にして撮影します。

▼そのままストロボ照明で撮影
背景に負けている
 蛇口から3cmくらい下で水が球体になっています。これが本当の水玉模様。

普通の背景
 マクロレンズの高倍率撮影なので、背景が綺麗にボケていい感じなのですが、水滴が背景に負けています。なお、室内の照明は消していますが、外の明かりで背景が浮かんできます。

 仕方が無いので黒い布を後ろにぶら下げます。

▼黒背景で撮影
黒背景-1
 流石にきっちり撮れます。

6736
 それっぽい絵になっています。以下は条件を変えていろいろと撮ったものです。

6746

6731

6719

6785

2

6789

▼水柱部分をトリミングで
6847 水柱
 水中の白点は、微細な気泡が入っているため発生しているようです。

 表面張力、粘性、慣性力などなどいろんな力の組み合わせでこういう形になるんでしょうね、面白いです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

光源の位置を変えつつ…

いいですねー。
超高速点滅なので、〜1秒でも、いいかんじに撮れるんですね。
光源位置をかえつつ、撮って、パソコンに表示する テザー撮影をやると、すぐに半日は潰れますね。

それはそうと、ラジオペンチさんの例のマイコンのLEDストロボは、同じようなものが、市販で買えば5万円なので、やっぱり まんまパクッって作らせていただきます。

re:光源の位置を変えつつ…

SGさん、おはようございます。

記事に書いてませんが、順光より側面かやや後ろからライティングするとエッジが綺麗に出ました。透明球体なのでそういうことになるんでしょうね。

以前作ったストロボはかなり凝ったプログラムになっているのですが、割り込みをうまく使うともっと簡単なプログラムで出来そうな気がしてます。
この高速LEDストロボの回路と組み合わせてもう一台作ってもいいかなと思ってますよ。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード