google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

HDDの部品でポタ赤が作れないか、構想中

 Windows XPが動いていたパソコンがあって、そのままネットから外して放置していたのですが、さすがにもういらないだろうということで分解しました。パソコンを捨てる時は情報漏洩防止のためにHDDを取り出すようにしています。

 それにしても、最近の家電製品はSMT実装になっているので、回収して使えそうな部品がほとんど無く、分解していてもあまり面白くないです。で、その話は置いといて、

▼分解したHDD
分解した3.5インチHDD
 3.5インチのHDDでWestern Digital製、1999年頃に製造されたものです。分解にはトルクスドライバなどが必要ですが、ともかく、ここまで分解して円盤に傷でも入れれば読むことはまず不可能になります。強力なネオジム磁石が手に入るのでHDDの分解はいつやっても楽しい作業です。

 ちなみに、HDDはものすごいテクノロジーが集まっていて、機械精度もとんでもなく高くなっています。そんな高精度な物が1万円そこいらの値段で手に入るのは、熾烈なメーカー間の競争が背景にあるわけです。

 そんなことを考えながらスピンドルを見ていたら、ひらめきました!

▼赤道儀にならないかい?
HDDのスピンドルを極軸に使う構想
 スピンドルモーターの軸受けはものすごい高精度で作られているので、これを極軸に使えば性能の良い赤道儀が作れそうな気がします。つまり、この写真のように雲台を取り付けられれば第一関門突破です。なお。この雲台は撮影用に置いてみただけで、まだ固定していません。

 とは言っても大きな荷重はかけられそうもないので、本格的な赤道儀は無理で、ポータブル赤道儀、いわゆるポタ赤程度ならいけそうな気がしてきました。

 ちなみに、HDDのスピンドルの軸受けは昔はボールベアリングで、最近は流体軸受けが使われています。今回分解した物がそのどちらであるかは判りません。でも手で動かしたくらいでは全くガタを感じないので、すばらしい精度の軸受けであることは間違い無いでしょう。

 極軸はこれで決まりとして、この軸を1時間に15度くらいの速度でゆっくりと回転させる必要があります。こういう場合は、タンジェントスクリュー方式を使うのが定番です。ただ、普通のタンジェントスクリュー方式では機構上「すべり」が必要になるので、これが精度上のネックになりそうであまり面白くありません。

 そこで、HDDのヘッドのスイングアームの軸受けが使えないか考えることにします。軸受けは2つ必要になるので、以下の手持ち部品が使えないか検討することにしました。

▼駆動系の部品、軸とネジ
ネジと軸受け
 一番上は、以前2.5インチのHDDをばらした時に回収しておいたヘッドアーム。中段はこのHDDのヘッドアームです。この軸受けなら、精度や剛性は充分あるはずです。
 下はたぶん、DVDドライブから回収した送りネジとパルスモートが一体となった部品。モーターが小さいのとネジのピッチが粗いので、必要なスラストが出るか不安ですが、とりあえずこれで考えてみることにします。

▼駆動系のジオメトリ
ジオメトリ
 各々の軸は固定金具を作ってネジ留めすればいけるはずです。ちなみに円盤はアルミなので穴あけは簡単です。なお、2.5インチのHDDの円盤はガラスだったはずなので、追加工は難しいと思います。

 ということで、基本的な構想は出来たので、あとはこれをどう実現していくかが次の課題です。

 まずは、一番不安がある、送りねじとステッピングモータの部分からつめていきたいと思います。そのための第一歩は、Arduinoを使ったステッピングモーターの駆動テストです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

HDDのモータ制御ですか

ネオジム磁石を回収するだけでなくて、モータが使えれば面白いなとはおもっていましたけど。
流体軸受け は、軸に力が均等にかからないと壊れますので、バランスが大切です。

楽しみにしてます。 ってか、一部、応用出来る部分を、またいただきます。

re:HDDのモータ制御ですか

SGさんこんにちは。

スピンドルモータは単に軸受けとして使うだけで、DVDのヘッド移動用のモーターとネジを使って駆動しようと思っています。

HDDの流軸は動圧型なので、高速回転しない場合は単なるすべり軸受けになりそうですが、その時にどれくらいのガタがあるのか知りたいです。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード