google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

FR24のフィーダーは一時停止

 飛行機のADS-B信号を受信してFrightradar24 (FR24) へデーターを送る、つまりフィーダーを先週くらいから始めました。でもこれ、はっきり言って楽しく無かったです。

 FR24では飛行機毎に,、どのレーダーを使っているのか判るようになっています(MLATを除く)。つまり私の受信データーが採用されれば判るようになっているのですが、これがさっぱり使ってもらえません。レーダーの画面を見ていると、私の2倍以上の距離をカバーされている方が何人もいらっしゃいます。たぶんロケーションの良い場所で運用されているのでしょう。ともかく、これでは私のデーターが使われないのも仕方ありません。ちなみに場所は東京西部です。

 このあたりの事情はある程度は判っていました。でも実際に何の役にも立っていないことが判ってくると、何やってんだかな、という気持ちになります。他のレーダーが落ちた場合のバックアップくらいの役には立つのかも知れません。でも東京にはフィーダーさんがたくさんいるので、私のような弱小フィーダーはほとんど役に立たない気がします。それに、フィードやっている間はSDRのドングルを他のことに使うことは出来ません。

 ということで、Raspberry Piを使ったFR24へのフィードは中断することにしました。なお、環境は残しておいていつでも再開できるようにしておきました。

 フィードをやめると、空いたDVB-Tのドングル使ってwindowsマシンでADS-Bの受信を行うことが出来るようになります。

▼ADS-BデコーダーのRTL1090
RTL1090
 Raspberry Piではdump1090で受信しますが、Windowsで動かすRTL1090の方が感度が高い気がします。dump1090の設定をいじれば感度が上がる気がしますが、やり方が良く判らないです。

 自分で受信したデーターをadsSCOPEで表示。

▼adsbSCOPE
adsbSCOPE
 これで表示させるとアンテナの性能比較なども出来て便利です。それにFR24では表示されない機体が表示されることもあります。

 SDRのドングル使ってソフトウエア受信機としても使えます。

▼SDR#
20151021SDRsharp.jpg
 80MHzのFM東京を受信中です。ゼネラルカバレッジ、オールモード、スペアナ+ウォーターフォール表示付きの受信機は楽しいです。

 ということで、FR24のフィードはレーダーのIDが抹消されない限り不定期に行っていく予定です。Raspberry PiでFR24のフィードプログラムを立ち上げるために、久しぶりにlinuxに触ることが出来たので、これはこれで有意義でした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード