google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

真空管(12AX7)Lチカをケースに入れた

 以前のこちらの記事で、真空管をUSB電源で動かしてLチカさせました。この時はブレッドボードで動かしたのですが、そのままバラして部品に戻すのは惜しいので、ケースに入れることにしました。

▼真空管でLチカをケースに入れた
外観
 内部を見せたいので、ダイソーで売っているコレクションケース DM10 (品番I-240)に組み込みました。

▼内部回路
真空管のマルチバイブレーター回路
 見られることを意識して小奇麗に作ったつもりなんですが、ごちゃごちゃしていてあまり格好良くないです。

 真空管ソケットとプリント基板は、写真のようにM3長ネジと6角スタッドナットを組み合わせて固定しました。この上に透明カバーをかぶせてネジで共締めします。

 基板は秋月のC基板を適当な長さで切断したものです。ところで、このMT管ソケットの取り付け金具が表裏逆にカシメられているような気がするのですが、こういう仕様もあったんでしょうか?

 右後ろにちょっと見えているスライドスイッチは、後で説明するイルミネーションのモード切り替えスイッチです。なお、電源スイッチは省略しました。

▼回路図 (クリックで別窓に拡大)
12AX7のマルチバイブレーター回路
 以前の記事のものとほとんど同じです。USBから5Vを持ってきてDCDCコンバーターで昇圧して真空管を動かしています。真空管の部分はマルチバイブレーターになっています。ちなみに、B電圧は25Vなので触っても感電しません。また、この電圧なら配線をどんなに間違っても真空管は壊れないはずです。

▼真空管を抜いた状態
真空管を抜いた状態
 後ろの白い線は電源ケーブルで、先にはUSB-Aコネクタが付いています。これは不要になったUSBケーブルの廃物利用です。真空管ソケットの中央の穴が思わぬ役に立ちました。

▼緑色LEDモード
緑色イルミ
 電源が入っても真空管なのですぐには動きません。電源入れて何も起こらないと面白くないので、通電表示のために緑色のLEDを点灯させています。真空管のヒーターが温まると、ケースの中の左右の白色LEDが交互に点滅するようになります。

 後ろのモードスイッチを切り替えると、

▼擬似ヒーターイルミネーションモード
擬似ヒーターイルミネーション
 MT管ソケットの中央に貫通穴があるので、そこに3mmの赤色LEDを仕込んで、管内を赤く照らしてみました。ちょっと邪道ですが、ヒーターが点灯しているような雰囲気になります。また、Lチカの白色LEDとのコントラストが綺麗だと思います。

 なお、真空管のヒーターはこんなに明るく真っ赤に光ったりはしません。そこいらを勘違いしちゃう人がいるといけないので、もしヒーターに興味を持つ人がいたら、緑色LEDモードで見てもらうつもりです。

 ヒーターは定格の6.3Vよりかなり低い5Vで点灯させているので、点灯の確認はちょっと難しいです。でも周りを暗くして良く見ると、ヒーターが赤熱して、カソードチューブが赤くなっていることが見えるはずです。そういうことをやりたい時に、赤いLEDが光っていると確認が難しくなってしまいます。ということで、緑色のLEDを点灯するモードを作った次第です。

 それと、動かしてしばらくすると真空管が熱くなります。手で触ると実感出来るので、そういうことを体験するのも良い経験になるはずです。

◆まとめ
 といういことで、真空管の12AX7を使ったLチカをケースに入れて仕上げることが出来ました。今では、真空管なんて見たことも触ったことも無い人がほとんどです。だから、もしまだ動かせる部品を持っていたら、例えばこんなふうにして動態保存してみてはいかがでしょう。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

んーー、すばらしい!発想ですねー、3mm穴に赤色LED
を仕込むというのは。。。
その上、出来上がりが綺麗。
何かに集中して疲れたときの休憩時間にコーヒー
飲みながら眺めてみたい気がします.
きっとクリープみたいな効果があるでしょうねー。(古いか。。。)

try2breakさん、おはようございます

お褒めのお言葉、ありがとうございます。
流石、「違いの判る男の・・ 」

そちらの
http://try2break.blog.fc2.com/
力作の記事拝見してます
http://try2break.blog.fc2.com/blog-entry-96.html

No title

あーら、何となく同年代かな???

美しい廃物利用

こんにちは。
12Vの双三極管は、TVなどに多用されてたので、受像機由来のジャンクがごろごろしています。やってみたくなりますね。
それにしても定格の8割で暗い陰極から電子が出て、僅か25VのB電圧に引っ張られるとは。これはロマンです。
ひと頃のハイブリッドなアンプでは、わざわざ前面に窓をつけて真空管のほんのり点灯が見えるようにした製品がありましたが、低電圧動作中の球を赤色LEDで照らす! フェイクのフェイクで面白さが倍増です。拍手です。

re;美しい廃物利用

mocoswayさん、おはようございます。

真空管が動くと何だかうれしいですよね。ガラス越しに中を見ると、カソ-ド、グリッド、プレートと原理図のまんまの形してるし、その間を飛んだ電子でLEDが光る。これはロマンですね。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード