google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

DC-DCコンバーターの修理(秋月 LMR62421使用モジュール)

 壊れてしまった(壊してしまった)DC-DCコンバーターモジュールを修理しました。

▼LMR62421使用のDC-DCコンバーターモジュール
LMR62421使用DCDCコンバーター
 これは秋月で売っているLMR62421使用の昇圧のDC-DCコンバーターで、24Vまで昇圧できるのでいろいろ重宝しています。私の最近の作品だと、高速LEDストロボに組み込んだりしています。

 実は最近記事にした真空管でLチカをやった時にも最初のうちは使っていたのですが、回路を組みなおしている最中に入出力の逆接続をやってしまい、壊してしまいました。一応CVCCの安定化電源を使って電流を絞っていたのですが、あっけなく壊れてしまいました。

 ここからはグチ。上の写真をもう一度見て欲しいのですが、文字が正常に読める方向に置いたら左が入力、と思って配線したのが運の尽き。入力は右側でした orz。回路図だって左から右に向かって書くのに、こういう変な仕様の物は作らないで欲しいです。まあ、良く確認しなかったあんたが悪い、と言われれば返す言葉は全く無いのですが。

 壊れるとしたらDDコンのIC以外はほとんど考えられません。幸いなことにこのIC(LMR62421)は秋月で2個160円で売られているので、秋葉原に行った時に買って来ました。

 以下は壊れたICを交換したら直りました、というだけの話なので、さらっと説明します。

▼壊れたICを外す
部品取り外し
 U1の位置に付いていたSOT-23の部品 (LMR62421) を外し、パターンをクリーニングして予備はんだ。

▼新しいICをハンダ付け
部品交換完了
 これで修理完了したはず。

▼動作確認
試運転
 また間違えないように慎重に配線し、動作確認OKです。秋月のモジュールは心臓部のICが単品でも売られていることが多いので、うまくやればこんなふうに修理が可能です。

◆おまけ
 最近、無負荷状態のDC-DCコンバーターの入力電流が気になっているので、このモジュールも測定してみました。条件としては、入力電圧=5V、出力電圧=24V、出力電流=0A。で、測定結果は、入力電流=5.5mAでした。

 これまで測った他の昇圧モジュールでは数十μ程度だった(但し出力電圧5V)ので、最大パワーの違いがあるとしても、異常と思えるほど大きな値です。

 理由を考えてみると、このモジュールは、出力電圧の検出のための分圧抵抗約50kΩが出力端子にパラに入っています。この抵抗に流れる電流がバカにならないため、このような結果になったものと思われます。ちなみに、24V/50kΩ=0.48mAで、これを効率100%で入力側に換算すると、2.3mAにもなります。分圧抵抗の値をもっと高くすれば改善されると思いますが、長時間の電池駆動を行う場合などは、良く調べてから使った方がよさそうです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード