google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

Arduinoを使ったパルスジェネレーターの製作、(ケース加工開始)

 取り組み中のArduinoを使ったパルスジェネレーターの製作ですが、ブレッドボードを使ったソフトの開発がほぼ完了しました。これで、スイッチの数などが決まったので、最終型の完成を目指してケース加工を開始します。

 その前に、現在の回路図です。

▼パルスジェネレーターの回路図
回路図
 CMOS出力用に74HC04を束ねてドライブ能力UPを図ります。Arduinoとの間のインバーターは出力の立ち上がり速度を上げるために入れてみました。

 ACカップルされた信号があるとオーディオ関係をいじるときに便利なので、1V P-P程度に絞ってコネクタに出すことにしました。矩形波なので使い道は限られるかもしれませんが、正確な周波数の信号源として役立つはずです。なお、R1とVR1はもう一桁低い値のものを使いたいところですが、Aカーブで1kΩの可変抵抗の手持ちが無かったのでこうしました。Bカーブの可変抵抗を使ってもAカーブのような挙動を作る手があるので、時間があったらやってみたいと思います。

 それと、最終的にはATmega328Pの単独動作させるので、液晶まわりの配線図はその時に起こす予定です。

▼ケース加工準備中
パルスジェネレーターのケース加工
 ケースは手元にあったタカチのYM-100というアルミシャーシで、W=100, D=70, H=30です。傷を付けるといやなので、マスキングテープを全面に貼った上にボールペンでケガキしています。

 電源は電池駆動にしようかと思ったのですが、お漏らしされると困るのでUSB電源で動かすつもりです。

 さて、シャーシ加工開始です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード