google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

外部バッテリー式クリーナーの電圧計起動回路の改良

 この記事で取り付けた電圧計はうまく動いていて、バッテリーのコンディションを知るのに重宝しています。ただ、電圧計を表示させるためにはプッシュスイッチを押さないといけないのですが、毎回スイッチを押すのはちょっと面倒です。

▼ブラデカのコードレスクリーナ
ブラデカのバッテリークリーナー
 赤の7セグLEDの横の黒いスイッチが電圧チェック用のスイッチです。

 このスイッチを押さなくても、クリーナーが動いている時は自動的に電圧が表示されるように改造することにしました。

▼電圧計起動回路、モータースイッチ連動機能追加
回路
 以前の回路に、Q1 とR3, R4 を追加しています。Q1はFETでもいけるとは思います。でも、モーターから強烈なサージが戻ってきてゲートが破壊されそうで怖いので、バイポーラトランジスタにしておきました。

 これでクリーナーのモーターが動いている間はQ1がオンになるので、スイッチ(SW2)がONになったのと同じ状態になり、電圧計が動きます。また使い終わってもOFFディレイ回路が働いてしばらくの間は電圧表示されます。

 えらく簡単な改造ですが、これで使い勝手が格段に良くなりました。というか、最初からこういう回路にしておくべきでした。

 ちなみにバッテリー電圧から残存容量を推定するためには、モーターを動かす前の電圧を測る必要があります。つまり、無負荷で放置した状態の電圧を見ないとけませんが、そういう場合はプッシュスイッチを使って電圧計だけを起動すればOKです。つまり、プッシュスイッチは無駄にはなっていません。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

またまた お茶を

こんばんは
残量や劣化具合も判るようになって使い易くなりましたね!
さらさらに、8v位になると(そろそろ お茶にしませんか?)と掃除機が喋ったりして***。

re:またまた お茶を

このスタイルの回路のほぼ完成形になったのではないかと思います。

そうですね、マイコンを組み込むと面白いことが出来そうです。

No title

よく分かりませんが、電池が減っているか(自己放電などで)どうなのか時々見たいのであれば、新たに回路を追加しなくても掃除機をチョット一瞬動かしてみればバッテリ電圧は表示されるのではないかと、、、、
新たに別にスイッチを付けなくてはと思うけど、、、、

岡目八目さん、今晩は

いきなりこの回路図を見たら、スイッチ(SW2)なんていらないじゃん!となりますよね。おっしゃる通りです。

実はこのスイッチが先に存在していて、後で掃除機との連動回路を追加したという事情があるので、こんな回路になっています。

ただ、細かいことを言うと、バッテリーの残存容量は、しばらく放置した状態で測った端子電圧から推定するのが正しい方法だと思います。掃除機のスイッチをちょんと入れた直後のバッテリー電圧からバッテリーの残存容量を推定するのはちょっと危ない気がします。なので、このスイッチは必要だと思います。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード