google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

連続運転していた Raspberry Pi Type-B が故障

 24時間連続運転していた Raspberry Pi Type-B (以下単にラズパイと呼びます)が突然動作停止しました。自作のグリッドタイインバーターの運転データーをzivelyにアップロードするのと、Flight Rader 24へのフィードのために動かしていたのですが、突然止まっていました。

▼Raspberry Pi Type-B
Raspberry pi Type-B
 これ最初に発売になった時にオーダー入れて、5ケ月待ちくらいで入手したものです。上に書いたzivelyへのアップロードとFR24へのフィード以外に、sambaを動かしてあるので、自宅内のファイルサーバーとして小さなファイルのやり取りに便利に使っていました。

 症状としては、SSHでログイン出来なくなっていてコンピューターとして全く動いていない状態です。この写真の基板の左下のLEDはシリアルコンソールの信号などを表示していて、普段ならにぎやかに点滅しているのですが、電源の赤いLEDが点灯したままでピクリとも動いていません。

▼zivelyのデーター
zively
 太陽光パネルの発電量を反映して24時間周期で規則正しく変化していたのが、突然止まっていました。このデーターは2014年の5月以来2年以上継続してアップロードしていました。

▼Flight Rader 24
FR24へのフィードも停止
 これはFR24のフィーダーの管理画面なのですが、8月1日 19:21:53 が最後にデーターが送られた時刻のようです。

▼運転状況(実際にはラズパイは専用ケースに入っています)
使用状況
 こんな感じで運転していました。

▼故障個所の調査
回路図見ながら電源系をチェック
 ソフト的に全く動いていないので、原因はハードに絞られます。ということで、公開されているラズパイの回路図を見ながら故障原因を調べてみました。

 とは言っても、SoC の BGA パッケージなのでアマチュアが出来ることは限られていて、電源電圧のチェックくらいしか出来ません。この基板は USB の5Vから、3.3V, 2.5V, 1.8V をシリーズレギュレーターで作るようになっていますが、そのあたりは電圧だけ見る限りはちゃんと動いているようでした。

 話の順番が後になりましたが、USBの5Vから流れ込んでいる電流はたった70mAでした。ちゃんと動いていたら400mAくらいは流れるはずなので、明らかにどこかのハードが壊れています。

◆ラズパイの後継機種をどうするか
 さて、困りました。何らかの形でネットにデーターをアップロードする環境は持っていたいのですが、後継にすべきプラットフォームが思い当たりません。

 普通に考えると、Raspberry Pi 3 Type-B なのでしょう。でもこれ、消費電力が12Wもあるので、24時間連続運転する気はしません。

 だとしたら、Paspberry Pi Zero くらいが良さそうですが、これネットワーク機能がありません。WiFiのドングルを差してネット接続するしか無さそうですが、無線LANで安定した接続が出来るか、かなり心配です。ちょっと試すくらいなら大丈夫なんでしょうが、24時間運転してもいけるかというとかなり心配な気がします。

 いっそのことESP-WROOM-02あたりにするのがいいのかも知れません。そのあたりは今週末に MFT2016があるので、情報を仕入れてこようかと思います。あと、センサーがネットワークに繋がっているだけで IoT と言ってる会社が多いのですが、これどういうもんなんでしょうね。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

暑かった

こんばんは。今日は暑かったですね。こっちは最高気温36度でした。
Raspberrypiなんですが、数台常時動かしていまして年に何度かファイルシステムが壊れてしまう事がありました。本体が壊れてしまった事はまだ遭遇していませんが、やはり身近にあるんですね。
raspberypi3も使っているのですが、熱が凄いですね。夏はファンが必要みたい。陽の当たる部屋においてたらcpu温度70度超えていました。

re:暑かった

hiroさん今晩は、いやー今日は本当に暑かったです。

Raspberry Piを常時数台動かすって、どんなことやってんだろうと思いますが、そういうことをやり易いのはやっぱりラズパイですね。

この記事の Raspberry Pi の後継機を探しているのですが、やはり linux がちゃんと動く物が欲しいので Raspberry Pi 3 Type-Bあたりに落ち着きそうです。

不要な機能を止めれば消費電力はさほどでもなさそうな気がして来ました。

raspberry pi3

複数台の使用は、webカメラを付けて簡易監視カメラにしています。通常の防犯カメラだとなんとなく存在感に躊躇してしまいますが、小さく玩具みたいなので気分的にも良いです。初代のpiでは動作が重かったのですがpi2pi3は高画質で動体感知で録画出来るので十分活躍してくれます。
住宅団地なのですが林が近くにあり、タヌキやイタチが偶に映ります。
pi3のwebカメラ付けてない方は消費電力は300-400mAくらいでウロウロしています。
USBアダプタは2.5Aが必要と言われていますが、私はダイソーの200円の奴で問題なく動いています。
目覚まし代わりに天気予報を喋らしたり、地震速報のツイートや雨降りセンサーで雨を知らせてくれるようにと、とても便利に使わせてもらっています。

ESP-WROOM-02の記事楽しみに読んでいます。
温湿度センサーだけ繋げたraspberrypiが不高率なのでESP-WROOM-02で出来たらなと思っています。この時期、夜部屋が暑くて気が進まないんですよね(笑

re:raspberry pi3

hiroさん、今晩は。

ラズパイ3を動かすUSB電源の容量は2.5A無いとダメ。とか書いてある記事も見かけるので、こりゃ進化の方向性が間違ってるよなと思ってました。

実際には負荷が軽ければ300-400mAですか、これは実際に使ってちゃんと測定した人にしか判らない話です。やはりラズパイ3は一つ買っておこうと思います。

あとESPの実験は、暑いのとオリンピックの影響でなかなか手が付かないですw

ラズパイ

ラジオペンチ 様。

温度等のロガーとして連続稼働中の拙宅のラズパイ(model 2B)では、本体が壊れる前に約一年半でメモリーカード(サンディスクのultra)が壊れました。 書き込みを減らすような工夫はしておらず、また、毎分、ログデーターを書き込んでいますので、仕方ないのかもしれません。

消費電力や発熱の点からは、model 3よりも2Bあたりがバランス的に良いのかもしれませんね。

re:ラズパイ

多摩地区住人さん、おはようございます。ラズパイは2Bあたりが性能のバランスが良さそうですね。

でも、どうせ買うならということで、3Bにしようかと思っています。ただ、今すぐ必要なわけでもないので、買うのはその時に、と考えています。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード