google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

今月号のトラ技はESPの特集

 今月のトランジスタ技術 9月号の特集は「Wi-Fi X 3G/LTE でIoT 製作」というタイトルで、特集記事の多くは ESP8266が入っているESP-WROOM-02の使い方について書かれています。

▼今月号のトラ技
トラ技2016年9月号
 2016年9月号です。ちなみに、トラ技の春先に出版されるもの、つまり5月号の前後はフレッシュマンの教育用ということなんでしょう、基本的な事項の解説に多くの紙面が割かれていて情報量が少ない、というかコストパフォーマンスが悪いので、最近はあまり買わないようにしています。でも流石に8月、9月号くらいになると普通のモードに戻ってきます。

▼特集記事の6章までずっとESPが出てきます
ESPの特集
 ESPについてはちょうど使い方をいろいろ試していた最中、というか挫折しかかっていた話もあるので、この特集は助かります。

 記事を読みながら実際に動かして、すぐに試せるようにするため以前作った回路を引っ張り出してきて動くようにしました。まずは最低限の回路が動くようにします。

▼ESPのテスト回路(部屋の明るさをWebにアップロードする回路)
回路図
 CDSを使って明るさを検出する回路です。明るさのデーターはWiFi経由で ThingSpeak へ送るようになっています。

 ESPに最初から入っているプログラムは使わず、Arduino IDE で作ったプログラムで動かします。

 スケッチはまだ粗削りの状態で、ここで見せるのははばかられるので、リンクの形で置いておきます。私用の覚え書きのようなものです。テスト用スケッチはこちら
 なお、このプログラムは/*Internet of Aquarium : ESP-WROOM-02 と ThingSpeak を利用して */ (heyheytowerさん)の作られたものをベースに使わせていただいています。

▼動作中の回路
部屋の明るさを測ってESPでWebに上げる
 USB電源から5Vを供給すると、一定の時間間隔でデーターを ThingSpeak にアップロードします。別の実験のために変更していた配線とスケッチを修正しました。

▼データの例
TingSpeakのグラフ
 もしアップロドーが止まっていなかったら、https://thingspeak.com/channels/114777 から最新データーを見ることが出来るはずです。

 ということで準備は完了です。トラ技の記事を見ながらぼちぼちと進めていきたいと思います。

 ちなみにこの記事の後半は、以前書いたこの記事と重複する部分が多いのですが、読みやすさを考慮して再掲しています。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード