google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

100円ショップのバッテリーチェッカーを調べる(続編)

 このネタで記事を書いたのが2010年6月12日のことでしたが、その記事にハナキチさんからコメントが入り、セリアで売っているバッテリーチェッカーには可動コイル式のメーターが入っている、との情報を頂きました。

 以前の記事に書きましたが、このタイプのバッテリーチェッカーのメーターには可動磁石式のメーターが使われていました。それはとんでもない代物で、具体的には、姿勢により針の位置が大きく変わったり、ゼロ点が表示のはるか外側にあるといったものでした。つまり、電気が来ているかどうかが判る程度の情けないメーターでした。

 これが可動コイル型のメーターに替わったのなら、そういう問題が解決されるはずで、いろいろと使い道が出てきます。ということでセリアに行って買ってきました。

▼セリアで買ったバッテリーチェッカー
セリアのバッテリーチェッカー
 メーカーはグリーンオーナメントでした。

▼使い方
使い方
 アームを広げて電池電圧をチェックします。右側面の端子を使うと9Vの006Pの電池のチェックも出来ます。

▼裏面に出っ張りがある
裏面、出っ張りがあるのが特徴
 昔の物と比べると本体の印刷文字が違ったりメーターの目盛り板が違ったりしますが、一番大きな違いはケースの裏側に出っ張りがあることです。ムービングコイル式のメーターを入れるためにケースが出っ張ったようです。
 販売されている状態では袋に入っているので裏側は見えませんが、手で触れば出っ張りがあるので見分けることが出来ます。

▼内部
内部回路
 殻割りして内部を見ます。抵抗が4本(2Ω、10Ωx2、75Ω)入っています。この値の抵抗が欲しい時はこのバッテリーチェッカーを買ってバラせば100円です。(おい!)

▼回路図
全体回路図
 写真の部品配置を反映して回路図にするとこうなります。SW1は部品としてのスイッチがある訳では無く、アームを閉じることによって端子が接触してクローズ(導通)になる仕掛けです。なお、メーターの直流抵抗は215Ωでした。

 この回路図では判り難いので、1.5Vの電池をチェックする状態(SW1=オープン)と、9Vの電池をチェックする状態(SW1=クローズ)に分けて回路図を書いてみます。

▼1.5Vの電池を測定する状態
1.5V電池測定回路
 合成負荷抵抗は1.98Ωで、電池電圧=1.5Vなら、電流は0.756A流れます。この時メーターには 6.38mA 流れることになります。なお、電池には内部抵抗があるので、実際に流れる電流はこの値より少なくなります。測定電流が大きいので、電池にとって負担が大きいと思います。

▼9Vの電池(006P)を測定する状態
9V(006P)測定用の回路
 合成負荷抵抗は84.6Ωで、電池電圧=9Vなら、電流は0.106A流れます。この時メーターには 4.53mA 流れることになります。なお、電池には内部抵抗があるので、実際に流れる電流はこの値より少なくなります。

▼メーター
取り出したメーター
 メーターを取り外しました。

◆メーターの構造
 構造としてはちゃんとヒゲぜんまいを使った可動コイル型のメーターになっていました。この種のメーターはメカ的にゼロ調整が出来るものが多いですが、このメーターのゼロ調レバーは塗料で塗り固められていてゼロ調は出来ません。なお、ゼロ点の位置は上の写真のように針の表示範囲の中にあります。ちなみに、以前の可動磁石式のメーターはゼロ点が表示範囲外にありました。なお、メーターの姿勢変化に対する針の位置の移動は問題にならない程度でした。それよりメカ的なダンピングがほとんど効いていないので、針の振動が収まるのに少し時間が必要です。

◆電気特性
 メーターのコイル抵抗は上の回路図に書いたように215Ωでした。電流を流して針を振らせると、5mAでフルスケールとなりました。(目盛りが無いので正確な値は決められませんでした)この値は上の回路図から計算した値と矛盾しないので、これがこのメーターの感度と考えて間違いありません。ちなみにメーターをフルスケール振らせるのに必要な電圧は約1Vです。

 昔からある、いわゆるラジケーターの高級品はフルスケール100μAくらいだったので、そういう物と比べると感度はかなり悪いです。磁気回路のギャップがかなり大きいのが響いているのだと思います。ちなみに、こういうメーターは端子をショートすると電磁ブレーキがかかって、外部振動に対して針が振れにくくなるのですが、このメーターはそんな気配はありませんでした。

◆まとめ
 感度がかなり低いですが、以前の可動磁石式のメーターとは比べ物にならないくらいちゃんとしたメーターが付いていました。これなら取り外してアナログメーターとしていろいろな使い道があると思います。

 ちなみにメーターを取り外したケースは、エアーバリアブルさんの、安価?にできる高性能乾電池チェッカーの製作(2)のアイディアが素晴らしいので、同じ物を作ってみようかと思います。ん、今その記事を改めて読んで気付きました。掲載されている写真を見ると、メーターは可動コイル型です。記事は2015年8月に書かれているので、その頃には可動コイル型のメーターが使われていたようです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード