google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

ダイソーの電球型LEDライトを使って、ミニ水草水槽を作ってみた。

 今年のMFT2017で密封容器の中で水草を育てている展示(閉鎖ビオトープ)があり、そのユニークさと美しさに感心しました。それ以来、同じようなものを作ってみたいと思い、素材を集めていたのですが、何とか似たようなものが出来ました。と言ってもまだ閉鎖系にはなっていないのですが、その様子をご披露します。

 容器はとりあえず食物保存用の密封式のガラス瓶を使うことにしました。問題は照明をどうするかです。こういう用途向けに専用の照明器具が売られていますが、値段が高くて、ちょっと試しにやってみたい程度の動機では、なかなか手が出ません。

 たかがLED照明なので、秋月あたりで買ったデバイスを使うことを最初に考えました。しかしそんなことするより、100円ショップのLEDライトを流用する方がずっと簡単でした。

▼ダイソーの電球型LEDライトです。
ダイソーのLEDライト
 この写真は先端のドームを外した状態です。中には大きめのチップLEDが10個入っていて、なかなかの明るさです。水草の育成には赤い光があった方が良いらしいので、赤色のLEDを追加した方が良いかも知れませんが、とりあえずこのままでいくことにしました。

 ドームは取り外して使いますが、そのままではケースのフチが下の板に密着して空気が流れないので、LEDの温度が上がる恐れがあります。ということで、小さな木片を3か所ホットボンドで接着してスタンドオフを作り、空気が入るスキマを作りました。なお、スタンドオフを接着するとLED基板の固定も出来るので、一石二鳥です。
 あと、ランプシェードが中途半端に光ると感じが悪いので、内側にアルミテープを貼って遮光しましたが、このあたりはお好みでやればいいでしょう。

 ここまでやれば準備は完了。お店で水草と底砂を買ってきて、水槽に入れればミニ水草水槽の完成です。

▼瓶の上に照明を乗せる
瓶の蓋にLEDライトを乗せる
 LEDの電源はUSBのAC電源アダプタから取ります。電流は約350mAだったので、どのACアダプタを使っても大丈夫だと思います。

▼全体
ミニ水草水槽
 本来は密閉用のシリコンゴムパッキン付きの容器ですが、とりあえず外しています。ということで外気の出入りが少しある状態です。

▼水草
水草
 なかなか綺麗です。写真に写っていませんが、ミナミヌマエビの小さいのを二匹入れています。

 これでミニ水草水槽の完成です。濾過が無いので水が透明になるまで1日以上かかりましたが、現在はクリアになっています。また、最初は小さな泡があちこちに付着していて目障りだったのですが、エビが動きまわってくれたおかげか、泡は無くなりました。こういう状態をいつまで維持できるかが問題ですが、このまま様子を見たいと思います。

◆まとめ
 これでめでたく水草水槽のオーナーになれました。子供たちが小さかった頃は熱帯魚の水槽を置いていましたが、メンテナンスがかなり大変だった記憶があります。今回の水槽ならそういう手間はほとんどかからないのではないか、と期待しています。

 ところで、水槽の照明を毎日入れるのは面倒です。ということで、Arduinoで作ったタイマーを使うことにしました。せっかくなので、以前作ったソーラータイマースイッチを使い、太陽の動きに同期したタイミングで照明を点灯させたいと思います。実はこの仕掛けは既に完成していて、2枚目と3枚目の写真にその姿が少し写っていますが、詳しくは次の記事で紹介予定です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

癒されます!

こういうのは和んで良いですね。
ラジオペンチさんの記事ではあまり記憶に残っていないです。

コンパクトに仕上がり、しっかりした容器なら破損を心配せずに済みます。
玄関に置けば訪問者との話題作りにもなり、太陽の動きに合わせて明るくなったり薄暗くなったり、夜間は消灯などいろいろ工夫出来そうです。

No title

mytoshiさん、コメントありがとうございます。

結構良い物が出来た気がします。
どうせだからもっと発展させて、じわっと点灯とかやってみたいと思いますが、どうなることやらです。

No title

いいっすね 密閉ビオトープ ^^)。
昔、球体ガラス製の市販品がありましたが、もう終わったのかな?。
エビさんの世代交代がどこまで進むのか?・・・、是非長期レポをお願いします。

鍛冶屋さん、こんにちは

あまり真面目に作り込んでないので、あえてビオトープという単語は使わないようにしていますが、
そうなんですよね、ビオトープが出来るといいなと思ってます。

私も作りたい

こんばんは。以前、60センチ幅の水槽で熱帯魚を10年くらいやっていたのですが、夏の温度管理と部屋の湿度がひどくて、魚が居なくなった機に止めてしまいました。
ホームセンターの熱帯魚コーナーでみると、また始めたくなり躊躇していましたがでも諦めていました。
これ良いですね。蓋を閉めっきりでも生息できるなんて凄い。
湿度も問題はらくにクリア。冬夏の温度管理もセンサーなどでできそうだし。
今度、ガラス瓶と水草買ってきます。でも瓶が小さいと難しそうですね

re:私も作りたい

hiroさん今晩は。

そうですよね、熱帯魚の水槽を維持するのはかなり大変ですが、こういう小さな水草水槽なら楽です。開始から1週間ちょっと経ちましたが今のところ破綻してないようです。

このガラス瓶は厚いので内部が歪んで見えます。そんなことで、もっと薄くて精度の高い物が欲しいのですが、値段も高くなるので痛しかゆしです。

あと、この水槽の照明はもっと改良しますのでご期待ください。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード