google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

Arduinoで作るクリスマスツリーのLEDイルミネーション (17LED)

 クリスマス用のインテリア小物ということで、カインズホームで小さなクリスマスツリーを買ってきました。

▼小さなクリスマスツリー
カインズのスチールベルツリー
 高さ23cmほどで、スチール ベル ツリー(STEEL BELL TREE)という名前で売られていました。飾りを追加して上からLEDのスポット照明で照らすと綺麗です。

 でもせっかくなのでLEDのイルミネーションを付けてやることにしました。真面目にやるとハードが結構大変になりますが、以前書いた、Arduinoで簡単だけど豪華なLチカ、という記事の方法でやれば比較的楽に作れそうずです。

▼回路図(クリックで別窓に拡大)
Arduinoを使ったクリスマスツリー
 LEDを光らせる場合、電流制限抵抗を直列に入れますがこの回路図にそんな物はありません。無茶しやがって、と言われそうですが大丈夫です。電流制限抵抗としてCPUに内蔵されているプルアップ抵抗を使っています。外付け抵抗が無ければ、その分だけ配線作業が楽になります。

 CPU内のプルアップ抵抗は確か30kΩくらいだったと思いますが、ともかく抵抗が高いのでLEDの電流はたった0.06mAくらしか流れません。でも、最近のLEDは効率が良いので、こんなに少ない電流でもちゃんと光ります。

▼配線中
すずめっき線で骨格を作る
 スズメッキ線を魚の骨のようにはんだ付けします。長さは適当で、これが骨格になると同時にGND側の配線として使います。車のボディアースみたいなものです。

▼LEDをはんだ付け
LEDを取り付けて配線
 骨の先にLEDをはんだ付けして行きます。LEDのアノード側は背骨に沿って絶縁線で引き出しますが、そのはんだ付け部は収縮チューブを使ってショートしないようにしておきます。先端の一個は緑色、それ以外は全部白色のLEDを使いました。流れる電流が少ないので出来るだけ明るいLEDを使うことをお勧めします。

 ArduinoはUNOを使い、ピンヘッダを使って接続します。

▼ツリーと Arduino UNOを合体
LEDの配線の引き回し状態
 魚の背骨にあたる部分をツリーの中心に置き、LEDを押し込んで組み立てて行きます。LEDへの配線をツリーの部品にからませるとLEDの位置決めになって具合が良いです。
 
 CPUチップの単独動作にしてもいいのですが、面倒なのでUNOのままで使います。クリスマスが終わるまではここで働いてもらいます。

▼ソフト
 プログラムはこちら→ クリスマスツリーのイルミネーションプログラム (Shift-JISです。拡張子をunoに要変更)
 プログラムの解説は省略しますが、朝になってもツリーが光っているとなんだか間抜けなので、3時間で消灯する機能を入れました。 

▼完成
完成

▼点灯の様子

 1サイクルが53秒程度で、これを繰り返します。

◆まとめ
 ハードが簡単に済んだので、その分プログラムを頑張ったので、なかなか綺麗なイルミネーションが出来たと思います。

 先端の1個以外に16個のLEDがありますが、ちょうど 4 x 4 のマトリクスが構成できるので、工夫次第でもっと面白い点灯パターンを作ることが出来ると思います。

 CPUのプルアップ抵抗で点灯させているのでLEDはあまり明るく点灯しませんが、LEDの正面なら十分な輝度があると思います。もっと明るくしたい場合は、出力ピンにアサインして、電流制限抵抗を外付けすればOKです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

見惚れてしまった

こんばんは。とっても綺麗です。市販品にちょっと手を加えてあげれば、立派なイルミネーションツリー良い感じです。
クリスマスですね。街も飾り付けされていました。そして今年もあっという間に終わりそうです。

ほんとラジオペンさんの発想力・行動力は凄いですね。
近所でしたら、押しかけて傍でずーと見ていたいくらいです。


まだ、アクアリウムの瓶が見つからないでいます。
四角いのを探しているのですが、密閉できる瓶ってなかなか見つからないです。
早く作りたい。

re:見惚れてしまった

hiroさん、おはようございます。気に入って頂いたようでありがとうございます。

これ、作るのにあまり手間がかからない割には綺麗だと思います。

現在はもう少しプログラムを修正したものを動かしていますので、機会があれば記事で紹介したいと思います。

ツリーじゃなく

押しかけて傍で見ていたいのはラジオペンチさんの事ですw

いや、本当に知識が豊富でうらやましい限りなんです。
お世辞でも何でもなく素直な気持ちで書いています

re:ツリーじゃなく

どうもです。!(^^)!

参考にさせていただきました

こんばんは。
電子工作ではいつも参考にさせていただいてます。
今回は、入力ポートの弱プルアップを使ってLEDを光らせるという思いもつかない方法を拝見して、PICですが自分もマネて作ってみました。

re:参考にさせていただきました

ほよほよさん、コメントありがとうございます。お名前はセッピーナさんとこでお見掛けしてました。

そちら様のブログ見ました。入力のプルアップ抵抗でLEDを光らせる方法に注目していただいてありがとうございます。

市販のクリスマスツリー用のイルミネーションを使って

はじめまして。実は古くなったクリスマスイルミネーションを利用してガーデンライトにしていました。最近いくつかのLEDが点灯しなくなったので市販の高輝度発光ダイオードに付け替えようと思ったのですがただ付け替えただけでは発光しません。どうしたら発光できるようになるかアドバイスいただけませんでしょうか?ちなみに使用した発光ダイオードは

製品名:発光ダイオード;発光色:ブルー;電圧:3.2-3.45V
電流:5mA-20mA;光度:6000ー7000 MCD;波長:580-590nm
ヘッド直径(約):5mm;ピンピッチ(約):2mm;全体の高さ(約):27mm
ヘッドカラー:ホワイト;材質:プラスチック、金属

クリスマスツリーイルミネーションはhttp://illumination.cc/shopdetail/018001000103/

本当にぶしつけな質問で申しわけあrません。何かアドバイスが出来ましたらよろしくお願い申し上げます。

re:市販のクリスマスツリー用のイルミネーションを使って

瓜さん、今日は。

お尋ねの件ですが、ちょっと光らない原因を特定するのは難しいです。というのはLEDの接続方法には直列方式や並列方式があり、電流制限抵抗の使い方も変わってきます。

リンクを貼っていただいたページの写真を見ると、LEDはグループ毎に並列に接続されているような気がします。その場合はLEDひとつひとつに電流制限抵抗が入っていると思います。

LEDを交換しても光らないとしたら、その部分の抵抗か配線が切れている気がします。

あと、LEDを接続する極性が間違っているのかも知れません。ちなみに、LEDの中に、大きい電極と小さな電極が見えますが、どちらをプラスにするかはメーカーや品種によって違います。ここは、データーシートをよく読む、あるいは試験点灯して極性を確認する必要があります。

ということで、これ以上は判らないです。

市販のクリスマスツリー用のイルミネーションを使って

ご迷惑をおかけしまして申し訳ありませんでした。単純に極性を間違っていました。てっきりクリスマスツリーイルミネーションのコントロールボックスに近いほうが陽極で遠いほうが陰極だと思い込んでしました。実際は逆でした。いづれにしてもお手数を取らせて申し訳ありませんでした。


re:市販のクリスマスツリー用のイルミネーションを使って

瓜さん、こんにちは。

わざわざ連絡ありがとうございます。直って良かったですね。
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード