google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

AliExpressからSMDタイプのパワーLEDが届いた

 ダイソーのLED型電球を改造したアクアリウムライトを作りましたが、電球色なのが気に入りません。LEDを白色の物に交換すればいいのですが、国内には適当な物が見つかりませんでした。探してみると、AliExpress に良さそうな物があったので注文しておいたのですが、それが先日届きました。

▼AliExpressの商品の画面
LGのバックライト用SMDパワーLED
 いつまであるか判りませんが、AliExpress の実際のページはこちら

 LG製の 3528 のSMDパッケージのLEDで、パワーは1Wで色温度は7000-10000K、演色性指数はたぶん80。テレビのバックライト用に作られている物らしいです。

 このパワーのLEDが100個で送料込みで 2.43$ とはとんでもない安さです。何か裏があるのでは無いか、と一抹の不安があったのですが、届いたものを調べると、寿命までは判りませんが仕様通りの優れ物でした。ということで、以下その内容を紹介します。

▼届いた3528のパワーLED
LGのバックライト用SMDパワーLED

▼SMDマウンタ用のテープに入っています
SMDパワーLED
 100個分で切断されたテープで送られてきました。送付方法はチャイナ ポストのトラッキング無しの郵便小包です。

 早速特性を測ってみます。パワーを入れるために小さな銅板にはんだ付けし、その銅板を大きなヒートシンクにねじ止めしました。電圧を正確に測るために、電圧端子をはんだ付けで出しておきます。

▼テスト用に接続したパワーLED
ヒートシンクを付けて測定
 アノード側にチップが搭載されているので、そちら側を銅板にはんだ付けしています。写真の奥側の線が電源につながっていて、手前側の線で電圧を測定します。

▼全体
ヒートシンク
 長さが15cmくらいの大きなヒートシンクなので、LEDから見ると無限大放熱板に接続されているようなものです。

▼点灯
測定中
 激しくまぶしいので直視しないように注意します。

 このようにして電圧電流特性を測定しました。その結果を次のグラフに示します。

▼特性
パワーLEDの特性
 LED電流のプロットが測定結果です。今回の測定では0.8Aまで流してみました。ちなみに、仕様上の最大順電流(DC)は350mA(もしくは400mA)となっています。流石に0.8Aも流すとVfは4.1Vくらいまで上昇していますが、これでも壊れないのはたいしたものです。

 右下がりの直線は、電源電圧5Vで電流制限抵抗を 5, 10, 15, 20Ωと変えた場合のロードラインで、LED電流との交点が動作点になります。LEDの電流制限抵抗の値を求める簡易計算式をよく見掛けますが、ちゃんとやりたい場合はこういうグラフを書く必要があります。(もしくはシミュレーション)

◆まとめ
 とんでもなく安いので少し心配だったのですが、ちゃんと使い物になるSMDタイプのパワーLEDが手に入りました。中華マーケット恐るべしです。

 同じ仕様の物が国内で手に入るといいのですが、秋月、千石、マルツ、aitendo あたりをざっと探した限りでは発見できませんでした。ちなみに 3528 のSMD LEDの20mAの物ならあちこちで売られていますが、パワーが入らないので今回の私の用途には使えません。

 このLEDのサイズは国内の呼び方だと 3528 となるはずですが、中華マーケットでは、2835 あるいは1210 とも呼ばれているようです。探す時はこういう番号も検索すると良いと思います。
 
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

只々驚きです

特性実測と電流制限抵抗をしっかり求める方法を教えてくださり感謝します。

一個3円もしないのに「仕様上の最大順電流(DC)は350mA(もしくは400mA)」のパワーLEDですか!

最近の百均品で複数個のチップLEDが採用されているのにも納得です。

re:只々驚きです

mytoshiさん、おはようございます。

1WクラスのパワーLEDは普通なら100円以上するのに、レンズ無しとは言えこの値段はすごいですよね。

No title

いつもワクワクな記事ありがとうございます。
 中華なパーツは瞬発力はありそうですが、持久力はどうなんでしょう。ラジペンさんの制作物に組み込まれて時期が来ればわかるのかな?
 LEDは過電流で寿命が短くなるそうですが、品質に信頼が置けない場合、安全率を何処に置くかが、重要になって来るのでしょうね。

No title

中国の製品は非常に安い。携帯とかスマホみたいなものでも日本製に比べて非常に安い。でも値段の割に故障はそれほど多くない模様。

よく考えてみれば、よく考えなくとも日本の昔の製品は、高くて、よく故障した。そんな事を思うと家庭で使うのなら、中国製品で十分と思う、、、偏見はよくないかも、、、

私は当地でそれが手に入ったら、あのチャック付のポリ袋の中に入れ水の中に入れて水中ライトにしてみたい、、、加熱にもなり。

夏でもクーラが室内にあるから大丈夫?
冬には多分魚はライトの傍によって寝ているであろう。

湖沼では日本の魚類は餌を食べず最深部で春を待つ(冬眠状態)、、、最深部の方が温度が高いから。
それでも幾らかは魚の体重が減っている。



老技師さん、今晩は

このLEDはテレビのバックライト用らしいので、それが本当なら結構寿命が長いのではないかと期待してます。

とは言っても期待しているだけではダメなので、アクアライトにした時の初期照度くらいは測っておこうかと思います。

jyoさん、今晩は

これ、安いですが性能は悪くない気がします。

ただ、いくら何でも安すぎるので、こういう値段になった背景がある気がします。例えば不健全在庫の整理とか、ここに書いてはいけない理由とか、考えたらいろいろありすぎます。

あと、一番気になったのは、値段はともかくこういう物が国内では簡単に手に入らないことです。国内で液晶パネルをほとんど作らなくなっているのが一番大きな理由な気がします。大げさに言うと産業の空洞化の影響かと。
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード