google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

アンパンマン カラーキッズタブレット(おもちゃ修理)

 今回のおもちゃ修理の事例紹介の2回目というかもう最終回、今回は「アンパンマン カラーキッズタブレット」です。症状としては電源を入れたら勝手にしゃべり始めて、何の操作も受け付けないというものです。 このおもちゃのアマゾンの販売ページはこちら

▼アンパンマン カラーキッズタブレット
アンパンマンカラーキッズタブレット
 勝手にしゃべり続けるのと並行して、液晶にもいろいろな画像が表示され続けます。

 原因調査のために開けて中を見ます。

▼内部
分解してキーパッドを取り出し
 11 x 7 のマトリクススイッチが小さな基板に接続されているだけです。勝手に動き続けるということから、マトリクスのどこかが押されっぱなしになっていると考えました。

▼基板拡大
内部の基板
 マトリックスサイズ(11x7)の通りに、18本(11+7=18)の線がコネクタで接続されています。

▼マトリクススイッチを外して調査中
基板単体にして調査
 マトリクススイッチのどこかが押されっぱなしになっている、と思っていたのですが、スイッチを外しても症状は変わらず勝手にしゃべり続けます。ということは、不良原因は基板側にあることになります。

 この状態でプリント基板を実体顕微鏡を使って詳しく見ましたが、おかしな所はありませんでした。カラー液晶を90度開いて、その下に隠れているLSIの周辺も調べましたがおかしな所は発見出来ません。なお、LSIはCOB実装では無くQFPのリフロー実装でした。

 小径スルホールを使った両面基板なのでスルホール断線の可能性も考え、動作させながらスルホールを押したりしてみましたが状況に変化はありません。最終確認として、手でプリント基板に曲げたりねじったりする応力を掛けました。基板不良ならこの方法で手がかりが掴めるはずですが、何の変化もありません。

 こうなると故障原因は LSI しか考えられないので修理不能という判断になります。このおもちゃは結構値段が高いし、まだ新しいのに気の毒だなーと思ったのですが、

 ひょっとするとファームが変な状態に遷移しているのかも、と考えました。何しろ、登録されているすべての音声と画像を延々と出力する訳で、これってメーカーの人が登録されたデーターを実機で確認する時に使う機能のような気がします。

 そこで仮組みして普通に操作できる状態に戻し、本来の機能に戻すキー操作が無いか調べてみました。こういう時によく使われるのは、電源スイッチを入れる前に特定のボタンを押しておく方法です。

 片っ端にボタンを試すと、割と簡単に発見出来ました。

▼「え」のボタンが犯人でした
「え」のボタン
 このボタンを押しながら電源スイッチを入れると、本来のおもちゃの機能に戻りました。電源スイッチを入れ直しても大丈夫です。

 試しに同じ操作をもう一度やると、また勝手にしゃべり始めるモードに入りました。設定したモードは記憶されているようで、電源を入れ直してもそのままです。

◆結論
 これで故障原因は判りました。子供が電源を入れる時に、「え」のボタンを押しながら、電源スイッチを入れたのだと思います。とんでもない地雷が仕掛けられていたものです。

 ちなみに、二つ以上のボタンの同時押し、もしくは複数のボタンを押す順序がキーになっていたら、組み合わせの数は猛烈に増えるので発見は難しかったと思います(ファミコンンの上上下下左右左右BAみたいなやつです)。ただそういう場合は、今回のような故障が発生する確率はすごく下がると思います。

▼状況を再現してみた
「え」を押しながら電源を入れる
 この写真のように左手で持って、右手で電源を入れれば条件が成立し、地雷を踏んだことになります。小さな子供が、こういう持ち方をすることは充分あり得ると思います。なお、この写真では左手が逆手になっていますが、順手でわしづかみに持った方が自然かも知れません。

 とにかく、たったこれだけのことで、おもちゃとして使えなくなるのでは困ります。

◆まとめ
 音声と画像を全部出力する機能は、開発時に使われたもののような気がしますが、それを製品版のファームに残しておくのはどんなもんでしょう。しかも設定は不揮発メモリーに記憶されるので、電源を入れ直しても直らないという恐ろしさです。とんでもない地雷が仕掛けられていた、ということになります。

 もし同じ症状になって困っている方がいらっしゃったら、ぜひこの記事の方法を試されると良いと思います。

 あと、このおもちゃに取扱説明書が添付されておらず、メーカーサイトにも見当たらないので、こういう動作がいわゆる「仕様」である可能性があります。店頭の販促用デモとして、自動的にあれこれ表示させるのは、隠し機能として仕込まれていることがあります。そんなことで、これがもし「仕様」なら、勝手に記事にしてごちゃごちゃ書いて申し訳ないです。ただ、簡単に起動できてしまうのは、明らかに変な仕様だと思います。

 これでおもちゃ修理の記事はおしまいです。次回の記事は、もしネタがあれば2月頃になると思います。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

助かりました

同じ症状でしたが、【え】で解決しました。
助かりました。

re:助かりました

fukaさん、連絡ありがとうございます。

お役に立てて良かったです。また、こんなふうに連絡いただくと励みになります。
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード