google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

ミニオシロ DSO-Shell のファームアップデート(firmware 110)

 USBシリアル変換アダプタの動作確認が終わったので、いよいよ、ミニオシロ DSO Shell のファームを 110 にバージョンアップします。なお、JYETechのファームの情報はこちら。また、DSO Shell(DSO150)の製品情報ページはこちら

▼DSO-Shell
DSO Shell

 ファームのアップデート作業は以前やったのと同じ手順ですが、ファーム110ではアップデート後にアクティベーションが必要になるのでそのコードを事前にJYE tech から入手しておく必要があります。アクティベーションコードは、オシロのプロダクトIDをメールでJYEに送れば教えてくれます。海賊版を買った人にはファーム110を使わせないということだと思います。

 とにかく、ファーム110にアップデートするためには、ファーム書き込みソフト、USBシリアルアダプタ、新しいファームのファイル、アクティベーションコードが必要になります。

 アップデート作業方法についてはJYEのサイトに詳しい手順を説明したPDFの資料があるので、それを見ながら進めれば大丈夫です

▼アップデート前のブート完了画面
V055
 修正前のファームは 055で、今回これを 110 に上げます。

▼ファームアップデート中
ファームアップデート中
 この基板にプロダクトIDが書かれています(左のシルクの白ベタの中)が、1 か I (いち か あい)、0 か O (ぜろ か おー) が判り難いです。ブート画面に出る表示と見比べることをお勧めします。

▼ファーム書き込み完了画面
アップデート完了
 これはFlash Loade Demonstrator の画面で、ここまで進めばファームの書き換えは完了です。

▼アップデート後のブート完了画面
V110にアップデート後
 ファームウエア(FW)が 110 に変わっています。
 右上にはアクティベーションコードを暗号化したものが表示されるようです。最下段は従来通り、この個体のプロダクトIDなどの情報が表示されています。

 なお、ファームを 110 に上げてしばらくは、アクティベーションコードを入力しないままで使えていました。どうしたんだろう?ひょっとしたら古いロットはアクティベーションフリーになっていて特権待遇か!などと勝手なことを考えていたら、突然次のような画面が降ってきました。

▼アクティベーションコードの入力を促す画面
アクティベーションを促す画面
 「画面の左上に書いてあるプロダクトIDをJYEにメールで送ってアクティベーションコードを入手して下さい。さもなくば、あと 3 回電源を入れたらこのファームはロックされます。ADJを押せばアクティベーションコード入力、OKを押せばこの画面を終了」とのことです。はいはい、特権待遇などにはなっていませんでした。

 この画面が出てからJYEにメールしていたのでは、危ないので、事前にJYEからアクティベーションコードを入手しておいて良かったです。とは言ってもメールを送ったら2時間もしないで返事が届きました。アクティベーションコードの入力画面は見れば判るように作られていたので説明は省略します。

 なお、アクティベーションコードの入力画面を強制的に出すには、SEC/DIV, TRIGGER, ADJ を同時押しします。但し、入力済のアクティベーションIDは表示されません。ID盗難防止のための当然の仕様です。

 以下、ファーム110 で変わった所を紹介します。

▼画面 (115200bps で ASCIIコードの a を出力)
V110の画面
 上の写真の矢印で示した >> はロータリーエンコーダーが早送りモードに入っていることを示します。通常モードでは >> 表示は無しになります。なお、早送りと通常の切り替えはADJボタンを押すことで行います。

 右下の数字はトリガレベルを示します。最初のバージョンにはこういう表示があったのですが、途中のバージョンで無くなっていました。その表示機能が復活したことになります。

▼キャリブレーション結果表示
キャリブレーション結果
 すみません、この表示の見方が判りません。なお、キャリブレーションはV/DIVとOKの同時押しで開始されます。

 これ以外に今回のバージョンの目玉である波形データーの送信機能があるのですが、これは実際にデーターを見るところまでやっていません。V/DIVとADJの同時押しでこの機能が起動されます。

 これ以外に嬉しいのが20μsと10μs/Divでトリガが掛かるようになったことです。

▼20μs/div (115200bps で ASCIIコードの a を出力)
20usの画面
▼10μs/div (115200bps で ASCIIコードの a を出力)
10us
 緑矢印がトリガポイントのはずですが、どちらのレンジも右に1目盛りずれています。これより遅いレンジではトリガポイントは全て一致しています。正確なトリガはオシロの重要な性能なので、直せるバグなら直して欲しいです。

◆まとめ
・懸案だった項目がかなり改善されていて、なかなか良いオシロになってきました。画面に周期的に表示されていたスパイク状のノイズも目立たなくなっていました。

・本文中に書き落としましたが、ADJダイヤル(ロータリーエンコーダー)のレスポンスが大幅に良くなっています(たぶんもっと前のバージョンから改善されていたのだと思います)。これだけでもバージョンアップする価値がありました。

・波形データーを外に出すためにはコネクタを追加しないといけませんが、せっかくだからフォトカプラなどで光アイソレートすると、使い易くなると思います。

・ファーム110の追加機能がまだ全部把握できていないのですが、機会があれば操作解説編の記事をアップデートしたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お陰様で

この記事読んで、キー申請必要と知り、簡単そうなので直ぐにメール送信しキーを送ってもらいました。確かに2時間くらいで届きました。早いです。
バージョンアップしたら別物のように使い勝手が良くなりました。

ただ、私のは、何故かファーム書き換えの接続線がRX・TX・マイナスだけでは駄目でプラス電源も繋げないと認識しないのです。以前はプラスコードは繋げなくても認識したのに不思議です。
普通に動作しているので、なにが悪いのか分からないです。
ほんと3千円ちょっとでこんな便利な物が買えるなんて凄いですね。
電圧測定の精度が各レンジでずれて誤差が少しあるのが少し残念。

re:お陰様で

hiroさん、おはようございます

そちらもアップデートされましたか。使いやすくなりましたよねこれ。

電源のプラスを繋がないと認識しなかった原因はちょっと判りません。ひょっとしてDSO Shell の電源が供給されていなかったのでは?という気がします

私も買いました

こんにちは。
いつも、有益な情報を掲載して頂きありがとうございます。
早速、参考にバージョンアップをしたいと、思います。

所で、私も、私設太陽光発電システムを組んでいるんですが、

arduino+WiFiのESP-WROOM-02と、INA226電流センサーをつかって、
アンビエントという、インターネットに、直接バッテリーへの充放電をグラフ化してみませんか?

ご検討のほど、宜しくお願い致します。

Re:私も買いました

akioさん、今晩は。

WROOM-02からアンビエントへのデータ送信は、アナレンマを描く話の中でやってます。よろしければそのカテゴリーの記事をご覧ください。

恥ずかしい

こんばんは。アドバイスありがとうございます。
ビンゴです。元の電源を繋げていませんでした。
もう、恥ずかしい限りです(汗

話変わりますが、三端子レギュレータの定格入力耐圧が低く12Vまでなのですが、これを車で使いたく入力手前で3Vくらいドロップさせたいのです。思いついたのはダイオードを4つ直接する方法なのですが、手前にもう一つ三端子レギュレータを追加する方法以外で簡単にできる方法ってありますか? (既存の三端子レギュレータは交換できないんです)
これが一番シンプルなのかな。

re:恥ずかしい

hiroさん、おはようございます。

簡単に3Vくらいドロップさせるなら、おっしゃるようにダイオードを直列接続するのが一番簡単だと思います。電流が少なければLEDでもいけると思いますが、電圧/電流カーブが寝ているので注意が必要です。

あと、車の電圧はリレーが動いた場合のサージなどを考慮すると、12V車でも30V近くまでは覚悟しないといけなかったと思います。ちゃんとやるなら前段に三端子レギュレーターを入れた方が安心です。

安全第一

こんばんは。そうですね。
やはり、車で使う場合は安全性も考えないといけませんね。
無難に三端子レギュレータを追加することにしました。
そんな手間ではないし、これでリスクが減るのならやらない理由が無いです。
シンプルにと考えすぎて、大事なことを疎かにしそうでした。
どうも、ありがとうございます。

110にアップデートしてみました

こんにちは。

DSO-Shellの機能が大幅にアップしたと拝見したので、私もファームの更新を行ってみました。(054→110)

ロータリーエンコーダーの速度切替できるようになったのとか、トリガがまともになったのとか、かなり改善されてますね。

この110からアクティベーションコードの入手が必要になったとのことなので、手順とか調べておこうと思って調べてみたところ、

https://qiita.com/SonicRunner/items/b947d5d9885b8c5040f9

こちらのページでは、その方法が公式サイトにあると書かれていたのですが、どこなのか見当たりませんでした。

まだアクティベーションを促される画面は出てないのですが、急に使えなくなると困るので、作業手順を調べておきたいなと思っています。
もし、このあたりの公式ページなど情報をご存知でしたら、ご教示いただけるとありがたいのですが…

あと、110に更新したところ、「OK」キー長押しで表示される計測器モードの表示の左半分(Freq、Cycl、PW、Duty)がハイフン表示になってしまい、表示が出てこないみたいなのですが、ラジオペンチさんの機械では如何でしょうか?表示されていますか?

re:安全第一

hiroさん今晩は。

最近の車、特にハイブリッドカーなどではそんなに酷い電源ノイズは出ていないと思います。
でも、車載用半導体の大手のリニアテクノロジーの資料に、耐圧35Vが必要と書いてあった気がします。まあ、アマチュアの工作ならそんなにマージンはいらないのでしょうけど。

re:110にアップデートしてみました

nekosanさん、今晩は。

早速ですが、ファーム110の情報については、フォーラムの質問への回答の形で出ています。jye1が中の人です。

フォーラムの
https://www.jyetech.com/forum/index.php
DSO Shellの
https://www.jyetech.com/forum/viewforum.php?f=19
トピックスのここいら
https://www.jyetech.com/forum/viewtopic.php?f=19&t=1387
です。

そう言われれば、トップのページからリンクでつながっている場所では無いので判り難いですよね。

あと、OKを長押しで出る波形パラメーター画面の左側の値が表示されない件ですが、どうも振幅のP-Pが4DIV以上無いと表示しないみたいです。

そう言えば出たり出なかったりしていたなー、と思ってパルジェネに繋いで試してみたら振幅が4DIV以上の時に表示が出ました。いやこれ、全然気付いていませんでした。情報ありがとうございます。

キャリブレーション出力は3Vなので普通は1Vレンジで見ますが、そうすると3DIVしか無いのでタイミング関係の値が全く表示されなかったというこなんですね。

re:110にアップデートしてみました

ラジオペンチさん、ありがとうございます。

フォーラムで触れられていたんですね。
助かりました。ありがとうございます。

あと、左側の計測値の件、振幅が原因だったんですね。キャリブレーションの信号入力させてみて、表示されないなぁと。私も1Vと2Vのレンジで見てました。4DIVないですね。

以前のはもう少し小さい振幅でも表示されていたように思ったんですが、以前のバージョンで、表示されなくなったバグをフィックスしたっていう履歴(062)があったようです。

以前も「振幅が小さいときに表示されない」という状態を直したって書かれていたので、古いバグが戻ったのかもしれませんね。

re2:110にアップデートしてみました

nekosan了解です。

OKボタンを押した時に出る波形測定機能に以前はそういうバグがあったんですね。気が付きませんでした。

あと、そちらのブログも拝見しました。記事を書くの速いですね、流石!

re:110にアップデートしてみました

ありがとうございました。

おかげさまで、JYE Techからアクティベーションのメール受け取れました。
あとで、アクティベーションの操作やってみたいと思います。

re3:110にアップデートしてみました

nekosanさん、了解です。

ウィークエンドなのにJYEの人はがんばって仕事してるんですね。

あと、このオシロから光で波形データーを読み出す改造をやってます。うまくいったら記事にしますね。

re3:110にアップデートしてみました

光通信で受信っていうことでしょうかね?
おもしろそうですね。

フォトトランジスタだと、速度的に厳しそうな気がしますが、フォトダイオードでしょうかね?
制御回路周りが、ちょっと複雑そうな気がしますが、楽しみにしています。

re4:110にアップデートしてみました

nekosanさん、おはようございます。

光出力はうまくいっている感じです。これから記事にしますが、筆が遅いもので、夕方までには公開したいと思います。

versionupしました

放送設備の故障診断で現場にて使用するために購入しました。060からバージョンアップさせるのにシリアルアダプターを作ってみました。ファーム書き込み用スイッチをアダプター側につけてみました。111にアップできたので115200bpsでデータを取り出せました。

re:versionupしました

信三さん、今晩は。

写真拝見しました。シリアル以外にJP1,JP2もコネクタで出されたんですね。急がば回れという感じで、結局こうした方が得なんでしょうね。
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード