google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

水草水槽の状況

 電子工作のネタが無いので、Arduinoで照明のコントロールをやっている、水草水槽の現在の様子を紹介します。

▼水草水槽
水草水槽

 前回記事を書いた時は、水槽を大きくして照明を3灯に増やしました。その時点でエビが10頭入っていたのですが、そのうち4頭が抱卵、産卵して小エビがいっぱい生まれました。

 親エビだけで多すぎなのに、小エビまで生まれたので明らかに過密状態になっていたのですが、最近個体数が減ってきました。たぶん食料不足で淘汰されたのだと思います。なお、水質の悪化が怖いので、エサはほとんど与えていません。それと、過密状態の時は、水の透明度が少し悪かったのですが、今は綺麗な透明に戻っています。

 去年のMakeの会場で見た閉鎖ビオトープがきっかけで始めた水草水槽ですが、実際にやってみると面白いです。水槽内の環境を保つために重要な役割を果たしているのは、照明だと思います。でも、必要以上に照明を当てると藻が発生するし、一方で照明が少ない、植物の生育が悪くなりました。エビの飼育数、植物の量、水温などに対応した最適な照明量があるようです。まだ完全に把握できているとは言えないのですが、何とか大きく破綻させることなく、運転出来ているようです。

 照明時間の調整は日の出、日の入り時刻にオフセットを与える方式でやっています。藻の発生が多かった頃は、照明時間を2時間くらい短縮していたのですが、現在はオフセット量はゼロで運転しています。まあエビの飼育数が違うので、単純な比較は出来ません。ちなみに、以前の記事に書きましたが、沖ノ鳥島の太陽時を標準にしています。

▼照度測定
照度測定

 照明を3灯化して3ケ月くらい経ったので、念のために照度を測定してみました。10cm直下の照度は16784ルクスあったので、LEDはまだ劣化していないようです。放熱にかなり気を使って作ったので、これくらいの期間で劣化してもらっては困るのですが、今後時々チェックしてみたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

その程度の水槽の大きさなら 木炭を入れて置くだけでそれなりの効果があります。

餌の喰いが悪くなれば水質悪化の可能性があるので木炭を取り上げ、火で赤く焼いてから、再度水の中に入れれば、木炭が再生され再度、水中のアンモンニャなどの成分を吸収してくれるので、家庭でも繰り返し何度でも使え、魚などが元気になります。
木炭より活性炭の方が良いですが木炭でも可能です。

Jyoさん、アドバイスありがとうございます

なるほど、その手がありましたか。

外部濾過が無いので、出来ることは限られていて、急激に水質が悪化した時は困るな、と思っていました。木炭で不純物を吸着させるのですね。
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード