google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

キャノンのコンデジ S110のレンズエラー(修理完了)

 コンデジの修理は、前の記事で、仮修理して動作を確認してみたのですが、残念ながらうまく動きませんでした。ということで、修理部品の到着を待っていたのですが、思ったより早く部品が届きました。

▼修理用の部品
絞りユニットとフレキ
 上が絞りユニットで、下の二本がフレキケーブルです。フレキケーブルは買わなくても良かったのですが、安かったのでついでに手配しました。ちなみに、Aliexpressで買ったので、深圳あたりから送られてくるものと思っていたら、絞りユニットはシンガポール、フレキは香港から送られてきました。

 さっそく修理を再開したのですが、分解すると新たな問題発見です。なんと、鏡筒内のカゴ状のガイドレールの部品が一箇所折れているではありませんか。

 これ、いつの時点で折れたのか判らないのですが、こういう不具合は見逃さないと思うので、前回組み立てを行った時の最後の段階で折れたのではないかと思います。これがうまく直せるかどうか、自信はないのですが、2液のエポキシで接着してみました。なお使ったエポキシ接着剤は金属/陶器用で、カチカチに固まるタイプです。

▼折損部の接着修理完了(?)
折損部修理
 折れたのはこの写真で示す、フレキが入る溝とガイド爪の間のかなり細い部分です。ちなみにこの部品は、アルミのダイキャストだと思っていたのですが、破面を見ると樹脂でした。だったらもっと丁寧に取り扱うべきでした。

 ここの接着は正確な作業をやりたかったので、実体顕微鏡で見ながら行いました。また接着部は細くてとても折れやすいので、少し温度の高い場所(冷蔵庫の上)で、十分時間をかけて接着剤の硬化を行い、万全を期しました。

 以下、再組立てを行いますが、その前に新旧の絞りユニットを比較しておきます。

▼絞りユニットの比較
絞りユニット
 左がカメラから取り外した、フレキ断線が発生した絞りユニット。右が修理用に購入したユニットです。

 修理用の部品は、中古カメラから取り外したものが来ると嫌だなー、と思っていたのですが、ケーブルの曲がり具合から判断すると、少なくともフレキの部分は新品のようです。ちなみに、部品の販売業者は DH camera parts store というところです。現品にはD&Hと書かれた品質保証用のシールが貼られており、このシールは剥がすとバラバラになる、つまり再利用が出来ないようになっていました。品質には気を使っているベンダーなのでしょう。

 組立のポイントは前の記事に書いた通りですが、特に絞りとシャッターユニットの組み込みが難しいです。

▼あと少しで完成
組み立て最終段階
 前ケースのフレキの接続が完了した時点です。

▼新しい絞りを使ったファーストライト
ファーストライト
 後ろカバーを取り付ける前に試しに電源を入れると、レンズがすっと移動して液晶に画像が出ました。修理は成功したようです。

▼修理完了
S110修理完了
 部品やネジが余ったりすることなく、無事に組み立て完了です。

▼修理に使った道具をS110で撮影
修理に使った道後
 左は、ここまでの記事の記録に使ったコンデジ(GX100)です。アルミ箔は、エポキシ接着剤を混合するために使ったものです。

▼接写で試し撮り
S110試し取り
 スマホのカメラではこういう写真は、なかなか撮れないです。

◆まとめ
 ということで、無事修理することが出来ました。修理中に内部の部品を折損させてしまい、接着で修理したので、その部分の耐久性が心配ですが、ともかくこのまま使ってみたいと思ます。

 もしフレキがまた断線し場合、今回取り外した絞りユニットのフレキを新しい物に交換すれば、修理出来そうです。

 あるいはもっと手っ取り早くやるなら、レンズユニットをアセンブリで交換する手もあります。S110用のレンズユニットは、色がシルバーなら、$29.99 で手に入るようです。ちなみに黒は$49.99。ただ、カメラ本体のファームにはレンズのクセなどの情報が工場で記録されていると思うので、レンズを変えちゃうと何か変なことが起きそうで、そのあたりがちょっと心配です。まあ、修理出来ないよりはずっとマシなんでしょう。

 あと、今回の修理で、いろいろなタイプのフレキコネクタの挿抜を体験出来たのは、良い経験になりました。これも、くっしーさんが書かれた、「PowerShot S100ジャンク修理1 本体分解編」から始まる詳しい解説記事のおかげです。改めて感謝感謝です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

2液ボンドのネロネロ

2液ボンド:エポキシ接着剤のネロネロ作業に養生テープがおすすめ。
http://act-ele.c.ooco.jp/blogroot/igarage/article/2689.html
ネロネロするときに動きません。

re:2液ボンドのネロネロ

あ、なるほど。

アルミフォイルの上で混ぜると、軽いので手で押さえておかないといけないんですよね。それに、その養生テープ持ってます。

No title

修理部品が、AliExpressで買えるというのが、驚きでした。
コンデジって、すごく複雑な構造をしているので、自力で直せたってのが、スゴイです。
うちのジャンク箱にも、歴代の壊れたコンデジが…
そのうち都市鉱山資源回収箱へって思っていますけど。

さて、2ペーストタイプの接着剤の混和に養生テープという発想はなかったです。
そのネタ、勝手にパクらせていただきます (..;)ぺこり

SGさん、おはようございます

くっしーさんのブログの情報を見なかったら、トライしてないと思います。大げさに言うと、インターネットのおかげで修理出来たってことですよね。

Aliexpressで "S110 lens" で検索するとパーツがいっぱい出て来て驚きました。特に絞りユニット用のフレキは、いっぱい出てくるのでそれだけ需要があるんでしょうね。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード