google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

LEDバッチの製作(MFT2018用)

 MFT2018が近付いてきましたが、たぶん土曜か日曜日のどちらかに行けそうです。MFTに行くと、ものすごく目立った格好をしている人がいますが、そこまでやらなくてもネームホルダーにLEDをチカチカさせている人とかいて、ああいうのいいなーと思っていました。

 そんなことで、LEDがチカチカ光るバッジを作ってみました。

▼LEDバッチ
ビニール袋に入れてバッチ化

 おなじみの秋月のC基板に組んだのですが、剥き出しのままでは危ないのでビニール袋に入れました。MFTの会場には小さな子供がいっぱいるので、こういう配慮は大事です。

▼部品面
全体
 基板の表はこうなっています。電源としてはボタン電池のCR2016を2個使い、コントローラーは私の記事ではおなじみのATmega328Pです。基板の右にあるのは5VのLDOな三端子レギュレーターです。

▼回路図(クリックで別窓に拡大図)
回路図
 これ、以前の記事と同じ物で、CPUのプルアップ抵抗でLEDを光らせています。こうすると外付け部品を減らせるので実装が楽になります。

▼LEDの配置検討図
LEDレイアウト検討
 クリスマスツリーの絵になっていますが、そのためのLEDの配置を検討した図です。LEDをハーフグリッド上に置くことで、表現の自由度を増やしています。

▼LED面(クリックで別窓に拡大図)
LED面(裏面)
 配線の様子が判ると思います。なお、使ったLEDは1608 です。(最近の超高輝度タイプを使わないと十分な明るさが得られません)

▼部品面
部品面

 プログラムはクロックが8MhzのArduino Pro/Pro mini用として作り、最後にCPUのヒューズを内蔵の8Mhz CRオシレーターに切り替えます。

 スケッチはこちら。LEDバッチのスケッチ

 新しい表示パターンを作りたかったのですが、実はこれ、以前作ったクリスマスツリーと同じものです。ただプログラムの中のディレイにdelayWDT2関数を使ってもう少し省エネ化しています。ちなみに、普通のdelay関数でやるとCPUの動作電流は8mA(@CPUクロック8MHz)くらい喰いますが、delayWDT2関数なら1/100以下に減らせます。とは言ってもLEDが全点灯するだけで2mAくらい消費するので、そこまでやる必要は無かったりします。

 ちなみに平均消費電流が1mA(半分のLEDが点灯)の場合、CR2016の電流容量が80mAhあるとすると、約80時間の連続点灯するはずです。

▼ヒューズ書き換え画面
ヒューズ書き換え
 内部8Mhzオシレーターで動くようにヒューズを書き換えます。久しぶりにAtmel Studio を立ち上げました。

▼動いている様子


◆まとめ
 C基板とAtmega328Pを使ったLEDバッチ作りは、なかなか面白い物が出来そうな気がします。何しろ17LEDを任意に点滅出来るので、固定部の絵を書き加えれば、簡易アニメのようなものが出来そうな気がします。

 このバッチを首から下げてMFT2018の会場に行く予定です。お気づきの方はお声がけいただくと嬉しいです。

【追記】
 MFT2018でLEDバッチの作者の方からお話を伺うことが出来たのですが、わざわざ5Vの電源を用意しなくても、コイン電池の3VでLEDを点灯させるだけで十分な輝度が得られるとのことです。但し、ダイナミック点灯させて平均電流を下げる必要がありす。今度やってみたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

文字を流すにはどうしたら

面白いモノができますね。文字が表示できると魅力的ですが、17chでは厳しいでしょうか。

10年くらい前のハムフェアで、マトリクスの表示部に文字を流せるプレートが安く販売されて、その年は会場じゅうが、コールサインのチカチカでした。縦8列くらいの表示を、次々ディレイして隣の素子に送るしくみのようですが、それ用のチップがもう一つ必要になるんですかね。

MFTも興味津々なので、今年は行ってみようと思っていました。土曜日に自分がプレゼンする集会があるjので多分日曜日になります。明日くらいまで前売券が買えるようですので、トライしてみます。

re:文字を流すにはどうしたら

macoswayさん、おはようございます。

文字を流すとしたら、ダイナミック駆動して、ドットマトリクスLEDを使うことになると思います。そういう事例は、MFTの会場にも展示が出ると思います。

ちなみに、この記事の17LED表示をマトリクス駆動すれば、IOピンの数を減らせますが、プログラムがやっかいになります。それにLEDの電流制限抵抗にプルアップ抵抗を使うと暗くなっちゃうので、外付け抵抗を使う必要があります。
あと、ダイナミック駆動だとCPUをぶん回さないといけないので、スリープを使うのが難しくなって消費電流が減らないような気がします。

ということで、この記事はちょっと面白いところを衝いた事例になっています。

MFTは今のところ日曜日に行くことになりそうです。会場でお会いできるといいですね。

ご無沙汰しています

最近暑いですね。
私は土曜に行くつもりです、日曜に行くとモノが売り切れたりしてるので。。。
会場でお会いできず残念です。

re:ご無沙汰しています

JI1Vさん、今晩は。ご無沙汰してますす。

MFTはもう少し涼しい時期にやってもらえると助かりますよね。

日曜日は雨が少し心配ですが、ゆっくりと見て来たいと思います。

昨日、行ってきました

会場は通路が広く取られていて、冷房も利いていて過ごしやすかったです。
全部見るのに、4時間以上かかりました。
出展している皆さん、楽しそうでうらやましかったです。

内部プルアップでのLED点灯

つつじが丘おもちゃ病院 大泉です。

内部プルアップでのLED点灯の動画を拝見して、これは凄いと思いました。早速真似てみようと、高輝度LEDに電流制限抵抗10KΩにて3Vを架けてみたのですが、暗がりでは点灯が確認できるものの、貴殿の動画のように煌々とは光りません。

何か秘策があるのでしょうか。

re:内部プルアップでのLED点灯

大泉さん今晩は。

秘策ということではありませんが、この事例では、電源にはコイン電池を二枚使い、その電圧を3端子レギュレーターで5Vに落としています。そのあたりの違いではないでしょうか。

あと、今日MFT2018に行った時にLEDバッチの製作者の方に話を聞くことが出来ました。LEDバッチは電池電圧3VくらいでLEDを直接ドライブされているようです。もちろんそのままでは電流が大きくなるので、ダイナミックに点灯されているようです。

そのあたりの話はあとで記事にまとめたいと思います。

re:昨日、行ってきました

JI1Vさん今晩は。お返事の順番が後になってすみません。

今日(日曜日)に行ってきました。途中で休憩しながらゆっくり楽しんできました。

WT&D

今日はわざわざブースに来て頂き大変有難う御座いました。この作られた作品を直接見せて頂き感激しました。電子工作を始めたきっかけがこのブログからでここで始めてメーカーズフェアを知ってまさか自分が出る側になるとは夢にも思ってなかったです。と言ってもタケさんに抱っこにおんぶですが…
基本を大切にもっと勉強を続けます。残暑厳しい折ご家族共々御自愛下さい。お会い出来て大変嬉しかったです。家内に良いお土産話が出来ました。

No title

土曜日の、開催12時から、18:30まで、行っておりました
流石に疲れました ^_^

事前に、ラジオペンチさんのブログを見てたらと。
残念です。

昨年の引き続き、多いに楽しめましたー

No title

土曜日の、開催12時から、18:30まで、行っておりました
流石に疲れました ^_^

事前に、ラジオペンチさんのブログを見てたらと。
残念です。

昨年の引き続き、多いに楽しめましたー

re:内部プルアップでのLED点灯

つつじが丘おもちゃ病院 大泉です。

返信有難う御座います。

5Vで30kΩですと約0.1mAになります。3Vで10kΩでも約0.1mA流れていて、暗点状態です。高輝度ではないLEDだと点灯していることが判りません。

5Vで10kΩでもやってみましたが、暗点状態であることは変わりませんでした。0.1mAから0.3mAになってもそう明るくはなりません。

貴殿の環境では全点灯で2mAとのことですから、1個当たりは0.1mA程度であることは事実ですよね。

LEDの性能としか思えないですね。

コメンテーターさんおはようございます

1日目に行かれたんですね。入場待ちの列に並ばれたのでしょうか。
あの雰囲気は嫌いじゃないですが、なんだか時間場もったいない気もします。

re2:内部プルアップでのLED点灯

大泉さんおはようございます。

電源電圧の違いでは?などとピント外れの回答してすみません。回路図に5Vと書いてあるのを大泉さんが見逃すはずは無いですよね。どうもLEDの違いみたいです。

なお、このLEDはマルツの店頭で売っていた物を買ったのですが、たぶん最新の超高輝度バージョンだと思います。ちなみに袋のラベルには以下の表示がありました。
白は、ED-1608-WH*10
緑は、ED-1608-GR*10
これ、マルツのオンラインで検索すると出てきませんでした。余剰品のスポット販売のようなものかも知れません。

ともかく、超高輝度のLEDを使うように本文に追記しておきます。
ご指摘ありがとうございます。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード