google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

MFT2018の見学レポ

 8月の4日、5日と開催されたMake Fare Tokyo 2018 (MFT2018) の二日目というか最終日に行ってきたので、様子をレポします。

▼入口
MFT2018@ビッグサイト
 会場はいつもの東京ビッグサイト。それにしても毎年暑いです。

 以下写真多めで様子をレポートします。なお、出来るだけ出展者の正確な名前を記載したいと思いますが、すぐには判らないものもあるので、適宜情報を追加・修正していく予定です。

▼「音・光・動き」のガジェッツ大集合 (denha's channelさん、B-02-02)
マーブルマシン
 去年写真を撮り忘れた展示です。マーブルマシンが見ていて飽きないです。

▼Heart & Star(ikkeiさん、A-02-03)
ikkeiさん

Heart & Star
 こちらは最後にもう一度行って、ikkeiさんにお会いできて、バッジをUVレジンで埋める時の注意事項や、回路のテクニックなどいろいろ教えて頂きました。ありがとうございます。

▼3Dプリンタ (  )
anycube
 これ、oink!さんとこにあるのと同じ物のような気がしますが、確かにがっちりしています。もし買うならこれがいいかなと思っていたのでお話を伺いたかったのですが、前の方の話が長引いていたので結局そのままパス。

▼obniz
obniz
 今流行っているobnizです。

密閉型LED光源水耕栽培システム (jmz Makerさん D-01-1)
閉鎖アクアリウム
 パンフレットや名刺をいただいていてお話までさせて頂いたのに、すみません、展示名が特定できません。(MFT2018のpdのプログラムを あずみの、shrimpot、シュリンポット、LEDなどで検索しても発見出来ず)
去年この展示を見て美しさに感動して、私も水草水槽を始めました。今年は水槽の数が倍くらいになっています。栽培上のノウハウなどいろいろと教えて頂きました。ありがとうございます。
 この写真は人がいないタイミングで撮ったのですが、いつも多くの人がむらがって水槽を見ていました。モノ作りの展示会はどうしても殺伐とした雰囲気になるので、美しい緑や透明な水があるとほっとひます。

▼アイリスロボットハンド (神奈川大学江上研究室さん G-02-05)
絞り羽根式グリッパ
 これ、最近私がArduinoで動かしたデジカメの絞りと同じメカです。ただ、カメラの絞りは薄板がオーバーラップしますが、このメカは厚さのある60度のエッジを使っているので、開口サイズをほぼゼロまで絞ることが出来ます。

▼FRISK USB-DACと、ラズパイUSB-DAC (FRISKおじさん H-10-03)
フリスクおじさん
 常連さんです。

▼Legacy8080とシングルボードマイコンERISシリーズ (株式会社 技術少年出版)
ERISのボード
 6800とか買ってもう一度触ってみたいみたい気もしますが、もはや機械語で対話する根性が無いです。

 この横にディスクリートICで組んだ、メモリ16バイトの4ビットCPUの展示があったのですが、質問ばかりして写真を撮り忘れてしまいました。すみません。

・ミニコン風のマイクロプロセッサ
8080
 8080という名前が入っているのでCPUはインテルの8080かと思ったのですが、聞いてみるとZ80でした。ちなみに「ぜっとはちまる」と言われたのですが、私は「じーえいてぃ」と呼んでいたのでちょっと違和感がありました。帰って調べてみると「ぜっとはちまる」という読み方の方が主流で、私の読み方は少数派だったようです。

▼水晶原石発振器を使った時計といろいろな水晶発振子(ぱなりラボラトリーズさん H-14-09)
原石水晶発振器
 水晶原石というタイトルですが、天然の水晶ではなく、人工水晶のアズグロウな原石でした。細長い水晶の結晶の対面を軽く研磨して電極を貼り付けて発振させていました。なお、単に発振させているだけではなく、分周してアナログ時計に時刻表示までされているのには恐れ入りました。

 実はこれを前日に見た方がツイートされていて、それに対してやまねこさんがリツィートされているのをROMって見てました。やまねこさんのリツイートには、確か東工大時代のMakeに展示されていた巨大水晶を使ったオシレーターの写真が付いていました。実は私も以前同じ物を作りたくてやってみたら見事に失敗した、という経験があります。そんなことで、興味深く拝見していた物です。天然水晶のままでは難しいでしょうが、研磨すればいけるはずというお話でした。まあそうなんでしょうが、原石の姿で発振させることにロマンを感じます。

・水晶と発振子各種
水晶

▼光とアクリル加工で作るセンサやパネル作品(のるLAB H-15-03)
表示パネル
 アクリルの薄板にドットを打ち、それを重ねて表示パネルにしています。この方法は大昔に光点表示器という名前で、NC機械などの表示に使われていた古典的な技術です。とは言ってもカラーで綺麗な絵を表示されていて、原理は同じでも目指している姿は違っています。なお、あの頃にLEDは無かったので、豆電球を使っていたと思います。

 他の展示にも同じ方式の表示がありました。たぶん40年くらい前の技術に若い人が興味を持ってくれるのはなんだか嬉しかったです。

▼電子箱庭
電子箱庭
 これ昔から出展されています。Arduinoすら知らなかった当時の私が、いつかこういう物を作れるようになりたい、と思った作品です。今見てもかっこいいです。

▼手のひらサイズペンプロッタ (いしかわきょーすけさん F-07-05)
いしかわきょーすけさん
 小さなペンプロッターや直動機構がいっぱい動いていて、いつ見ても楽しいです。あと、ブースの色がいつもオレンジ色なので、遠くからでも発見し易いのですが、これってブランドイメージ戦略なんでしょうか。
 数独の問題をプロットした物を頂きましたが、これが出来るなら、詰将棋の問題をプロットすれば(一部の方に)喜ばれるのではないでしょうか、と提案しておきました。フルの将棋盤は数独と同じ9x9のマトリクスですが、詰将棋は将棋盤の右上を使っていて、5x5くらいのサイズに入る問題がけっこうあります。

▼じむさん@東芝ブース
じむさん@東芝
 お変わり無さそうでなによりです。

・いしかわきょーすけさんのプロッターが何故か東芝ブースに、
いしかわきょーすけさん@東芝
 FlashAirの応用事例として、フラッシュエアー同人誌5に記事が出ています。

▼IoT 向けボードコンピュータ「SPRESENSE」 (ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社 S-02-02)
SPRESENCE
 説明を気くと中身は凄いのですが、すみません、これを使うシーンが全くイメージ出来ません。

 以前インテルがガリレオやエジソンで大々的に売り出したのですが、いつのまにか消滅していますが、その二の舞になりそうな予感がします。そういえばガリレオにもArduino互換機能がありました。

 強力なシステムの外側にラッパーのようなものを付けて、Arduino のファンクションを作っているという説明でした。Arduinoのファンクションって言うと大変そうに聞こえますが、実際には小さなサイズのドキュメントで定義されているだけなので、大企業なら力技で実装出来ちゃうような気がします。でもそういう実装した仕掛けでは、Lチカくらいは出来るでしょうが、もっと高速な動作は難しいと思います。

 あと、これ単独ではネットワークに繋がらないし、ソニーから出るSDKを使う必要があるみたいです。そんなんだったら、ラズパイやESP8266を使った方がずっと幸せになれると思います。

 そんなことで、ソニーがこれを使って何をしたいのかが全く判らなかったです。何かキラーコンテンツがあるのかも知れませんが、あっという間に撤退して、若い人の時間を無駄に使っただけ、と言う結末で終わることだけは避けて欲しいです。

▼塹壕ラジオ/ゆびトーン(The-MenZさん H09-07)
鉱石ラジオ
 錆びたカミソリに鉛筆の芯を押し当てることで整流器が出来るのだそうです。

 Makeの展示物には大量の半導体を使うのが普通ですが、この展示は出来損ないのダイオード(失礼)一つでやっている訳で、使ったテクノロジーの量に対するアウトプットの大きさは、他を圧倒しています。

▼秋月のブース
秋月のお楽しみ袋
 この1000円のお楽しみ袋を買いました。何が入っているかはまた記事で紹介したいと思います。昔Aitendoがやってたお正月の福袋よりはお得な気がします。

▼FLIR 赤外線Wi-Fiステレオカメラ + AIじゃんけん(WT&Dさん H-03-04)
WT&Dさん
 このブログに時々コメント頂いている waiwao さんのブースです。なんだかいろいろあって、私が取り組んでいる物よりずっと複雑系 でした。ちなみに聞き忘れましたが、WT&Dというのは関係者の頭文字なんでしょうか。(ex:PP&M=ピーターポール&マリー)

▼ボトル・サーキット/ボトル・マーブルマシン(O'Baka Project(kimio kosaka)さん H-12-06)
ボトルサーキットおじさん
 いつものガラス瓶に加え、KiCAD実習テキストという資料を公開されています。

▼自動演奏オタマト-ン
自動オタマトーン
 これ面白いです。2台が同期して鳴っているのが楽しいです。

◆まとめ
 いつ来ても楽しいイベントです。感じたことを書くと、
・3Dプリンターの展示が減ったようです。でも展示作品には3Dプリンタで作った部品が増えているんですよね。もう完全に当たり前の道具なんでしょうね。

・ESP8266を使った物がいっぱい出ていました。ネットワークが使えるので便利なんでしょうね、それに値段も安いです。一部に不可解な動作が見られたりするので、個人的には敬遠していたのですが、もう一度トライしてみてもいいかなと思いました。

・M5STACKやobnizの展示がけっこうありましたが、あまり興味は沸きませんでした。

・実はうちの水草水槽にCO2の添加を考えていて、そのために小型のチューブポンプが必要です。そんなことで、良い物が無いかと見ていました。でも残念ながら使えそうなものは見つかりませんでした。みら太さんのブログの情報にあった、インクジェットプリンターの廃インクの吸引ポンプがよさげです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

私も

私も行って来ました。
土曜日の、12:00から18:30まで、歩きっぱなしでしたー ^_^

私も、同じブースの写真撮ったのが、多いです!

紫外線ライトを、販売していたブースで、女の子に、パスポートは、自分の写真が、ライト当てると、もう一個出るんだよー とか、クレジットカードも、同じ様な仕掛けがあるんだよ って言ったら、びっくりしていました ^_^

WT&D

早速記事にして頂き有難うございます。
ネーミングはその通りです。それぞれのニックネーム
wiwao,Takesanが去年まで2人だけだったのでW&Tで
今年はDansanが加わったので3人でWT&Dにしました。
来年は?もう一人加わるか?新しいネタが出るか?当選するか?
はたまたもう懲りて出ないか?楽しいですが燃え尽きてしまいます。
色んなブログの記事を見て見とけば良かったと思うブースがいっぱいありました。参加すると舞い上がってゆっくり他の人の見学出来ない…
後でチェックすると凄い人がいっぱいいます。

面白かったです

初めてでしたが、日曜午後半日楽しめました。毎年参加のハムフェアとは、雰囲気も世代も異なりますが、「濃いヒト」が多いところは同じですね。それと、一本調子の説明者でも、ちょっと質問したら、堰を切ったようにナマの話が聞けるところは全く同じでした。

ご報告のブース、幾つかは私もお話させていただいたのですが、立ち寄っていない写真もあり、まだまだ奥が深いなと思わされました。

塹壕ラジオは、実演効果のため小さなトランスミッタをそっと置いてあったのがご愛敬でしたが、カミソリ検波の本物は初めて見たのでいろいろ聞いてきました。鋼の表面に酸化皮膜を作り、破らないように探針するのがコツだそうで、錆させるよりライターで炙るのが安定するとのことでした。作ってみたくなりました。

それにしてもバリコンなしでもクリスタルイヤホンで同調がとれるとは知りませんでした。あとはコイルの銅線間の浮遊容量ですかね。よほど沢山巻かないといけないでしょうけれど、これもやってみたいことでした。

塹壕ラジオの起源はよく判りませんが、説明のあった前線の暇つぶしより、捕虜収容所やレジスタンス拠点の方が、受信の必要性が高いでしょうし暇もあったんじゃないかなぁと思っています。これについては今後情報集めようかと。

特定のひとつだけのコメントで失礼しました。他でも写真撮ったり話聞いたり、とても楽しめ、また刺激を受けました。機会をいただけてありがとうございました。

何と!

8枚、一緒のブース撮影してましたー

re:私も

akioさん、おはようございます。

紫外線ライトですか、その展示、見たかったです。

re:WT&D

wiwaoさん、おはようございます。

出展お疲れ様です。展示していると、他を見れないのがつらいところですよね。

あと、バッジは作って持って行って良かったです。あれに関心を持つ人は自分と同じ趣味の人間なので自然と話がはずみます。

re:面白かったです

macoswayさん、おはようございます。

会場で遭遇するかも、と思っていましたがお会いできませんでしたね。

夏休み中の開催になってから、小さな子供を連れてくる人が増えたような気がします。 そんなことで、子供向けの出し物も多いみたいです。

塹壕ラジオは全然知らなかったので面白かったです。検索するといっぱい解説記事が出てきましたが、放送局の密度が高そうなヨーロッパ戦線で使われたんでしょうか。

No title

3DプリンターはAnycubic i3 Megaですね。今販売しているのは後継モデルのダブルZ軸エンドストップモデルです。昨年末に私もアリエクの公式ストアから買いました。
殆ど組付けられている為、組み立ては両側面の6個所ネジ、右側面のコネクタ4個所だったかな?取り付けて、同じく右側面から見える単電源スイッチを110Vに設定すれば準備完了です。箱から開梱してZ軸調整含めて20分で印刷開始までもっていけます。
特に特許のガラスベッドの食いつきが素晴らしく、今では中国の数社がパクリ品なのかライセンスOEM品なのかを作成しています。
唯一残念なところといえば、ファンの音がうるさいです。うろ覚えですが、ホットエンド冷却用のブロアファン以外の全部で4個、パソコンショップかAmazonでPC用静音ファンに交換できます。
昔は200ドルでお釣りが来ましたが、値段が上がっています。アリエクの11月11日セールで少し安くなるはずですので、急ぎでなければそれまで待つのも良いかもしれません。
長文失礼しました。

みかんさん、今晩は

いろいろと情報ありがとうございます。

AliExpress のサイトで 3D printer で検索するとトップに出てくるので、人気商品なんですね。

光点表示

ブースに来ていただいてありがとうございます。
光点表示という言葉をお聞かせいただいたときは、自分の中で展示しているアクリルパネルは自然光で色を出してあげるというものだったので表示器というイメージがつかなかったので申し訳ありませんでした。
光点表示での数字表示は別途作っています。3年前に1枚のアクリルだけでできるようにしたのですが、いまいち視認性が悪く今はお蔵入りです。層構造の光点表示含めて面白い分野なのでまた挑戦しようと思います。

re:光点表示

のるさん、コメントありがとうございます。

この表示器のキモは画像のイメージをカラーで表現することにあったんですね。
会場では光点表示器と同じと言ってしまいましたが、その後調べたら、昔の光点表示器より大きく進化したものだったんですね。

ちなみに検索すれば出てきますが、昔の光点表示器はこんな物でした。
http://www.din.or.jp/~t_shirai/tsr/kouten/

あと、記事の該当部分に展示の名称などを記入しておきました。

塹壕ラジオですが

毎回興味深く読ませていただいております。

昔読んだ小説で、戦時中、島に不時着した米兵が
無線機が壊れてて助けを呼べず、寂しさを紛らわす為に
鉱石ラジオを作ろうと地面を掘ったが、珊瑚礁なので断念。
しかし、鉱石が錆に似ていると思いつき、鉄を探したが
機体はジュラルミンなので見当たらず、ふと胸元を見ると
スカーフをとめていた安全ピンが目に入り、これを海水で錆びさせて
検波器を作ったというエピソードを思い出しました。

re:塹壕ラジオですが

行灯猫さん、おはようございます。

この塹壕ラジオはいろいろなことを思い出させてくれる、良い展示ですよね。
MFTの展示はハイテクの物が多い中で、これはかろうじて動いているダイオード一つだけなんだから、恐れ入ります。

ご参考になるか

ご参考になるか判りませんが、「Anycubic i3 Mega 3D プリンター」が、本日21日1420から、Amazonでタイムセールだそうです。セール価格はまだ表示されていません。

どうでもいい商品が多いタイムセールですが、買おうとしているモノの場合、背中を押されることもありますので、まずはお知らせにて。

re:ご参考になるか

macosway さん、今晩は。

アマゾンのタイムセールって、初めてリアルタイムで見ましたが、通常時 42.999円が15%引きの 36,549円になってます。
販売数20で、現時点で半分売れているようです。

とりあえず3Dプリンタで作りたい物は無いので、今回は見送りたいと思います、情報ありがとうございました。

ちなみに現在のAliexpressでは、本体が約$220で、送料が$90なので、アマゾンのタイムセールとあまり値段の差は無いです。トラブルがあった時のことを考えるとアマゾンのタイムセールの方がよさげです。

re:ご参考になるか

夕方同じような時刻に見て、たった20個が5時間で半分しか売れてないとは、需要層の薄さだけでなく、値引き魅力もそこそこしかなかったのかなと、お騒がせを反省しました。

価格が未表示だった昼時点では、20%ぐらい引くんだったら魅力だと思ってました。前に、買う予定だった電ドリの電池が、偶然タイムセールに出てきて、笑いながらポチったのが20%でしたので。

Aliの価格を拝見すると、20%いけば同じゾーンに入ったところでしたね。

私も興味はありますが、猛暑のせいかPC環境に相次ぐトラブル発生。2Dプリンタですら、LAN上で行方不明になるなど、設備投資より既存インフラの動態維持が先だったことを思い知らされています。

re2:ご参考になるか

macoswayさん、了解です。

アマゾンのタイムセールの使い方を初めて知りました。
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード