google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

Arduinoで作るペン型オシロ(ハード解説編)

 ペン型オシロの製作の話です。前回のケース製作編に続き、今回はハード解説編です。

▼ペン型オシロ
ペン型オシロ

▼回路図 (図をクリックで別窓に大きな図を表示)
ペン型オシロ、回路図
 コネクタで分割出来るようにしたので、やや複雑な回路図に見えますが、実際にはさほどでもありません。

 DCDCコンバーターは以前秋月で買った小型(6ピンDipサイズ)の物ですが、現在では販売されていないようです。まあ同等品はいろいろあると思います。

 電池の電圧検出ラインに入っているR6とC3は、DCDCコンバーターの運転で発生するリップル除去のために入れたのですが、ソフトで100回くらい測定して平均を出せば、たぶん省略しても大丈夫だと思います。

 では内部を見ていきます。

▼内部
ペン型オシロの内部
 構造編で説明したように、ケースはダイソーの箸箱を加工して作っています。文字は箸箱の名残り、ケースの上蓋の部分はヒンジで開く構造になっています。

▼基板を外した状態
基板を外した状態
 基板は4つのコネクタで接続されており、この写真のように完全に取り外すことが出来ます。なお、基板は特に固定していません。

▼基板(部品面)
ペン型オシロの基板(部品面)
 干渉する部分を削ったらこんな変な形の基板になってしまいました。ケースをもう少し長くしておけば、基板の面積を増やすことが出来たのですが、後の祭りでした。ということで、根性で部品を詰め込みました。なお、回路図には無い部品も載っていますが、調査の過程で追加した物なので、気にしないでください。

▼基板(配線面)
ペン型オシロの基板(配線面)
 例によって、青線が信号、赤線が電源で配線しています。

▼先端付近
ペン型オシロ、先端付近
 プローブの軸が黒いのは、収縮チューブを被せているためです。

▼裏面
側面、裏面
 電源を入れる時に上面のスイッチを押しておくと電圧計モードになります。先端のスイッチから順に、+ボタンは5V、-ボタンは50Vレンジ、SELECTボタンは内部バッテリー電圧測定モードが起動します。

 ちなみに、ボタンの機能を忘れそうなので、裏面に書いておきましたが、これが本当の裏メニューww

▼電圧測定モード
ペン型オシロ、電圧測定モード
 こんなことが出来ちゃいます。

◆まとめ
 ということで、ハードと実装の解説編でした。次回の記事はソフトの解説編を予定しています。

 なお、現在のスケッチは以下の通りです。以前の記事の回路図でもほとんどの機能は問題無く動くはずです。
 ペン型オシロのスケッチ20190226版


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード