google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

北海道で摩周丸の通信室を見学

先日北海道を旅行してきました。道東をゆっくり回ったのですが、青函連絡船として活躍していた摩周丸が函館で保存展示されていたので見学してきました。函館市青函連絡船記念館摩周丸のHPはこちら

実は青函連絡船は学生時代に乗ったことがあります。青森駅の構内を走って、青函連絡船の乗り場の列に並んだことを何となく覚えています。また、北海道が見えてきて感動した記憶があります。そんなことで、当時乗った船とは違うのでしょうが、何十年ぶりの嬉しい再会です。

先に摩周丸の外観です。

▼摩周丸
摩周丸
後部側面から船首方向を見た写真です。船首を撮ると良かったのですが、先の方まで行きませんでした。煙突には国鉄のJNRのロゴがあります。つまり国鉄の切符で乗船出来たと思います。

▼後部列車レール接続部
摩周丸、後部貨物列車レール接続部
ここにレールを接続して、貨車を荷物ごと積み込んで運ぶ仕掛けになっています。レールは3組みあったんですね。一隻に何両の貨車を積むことが出来たのでしょう。

摩周丸は保存船として船内が公開されていて、青函連絡船の歴史を知ることが出来る貴重な場所です。あと、通信室がそのまま公開されているので、私のような無線に興味のある人間にとってはたまらない場所です。

ということで、写真を見ながら振り返ってみます。なお、今回の記事の写真は一部を除いて、クリックすると別窓に少し大きな写真を表示します。

▼ブリッジ
摩周丸、ブリッジ全景
流石に見晴らしが良いです。それに保存状態が良くて各部がピカピカなのは、大切にされている証拠でしょう。

▼操船機器(機関関係)
摩周丸、操船機器
これはエンジンや可変ピッチプロペラ、バウスラスターなど、機関関係のパネルのようです。

ブリッジのすぐ後ろ、右舷窓際に通信室があります。

▼無線室全体
摩周丸、通信卓
もっと引いた絵で、室内全体の様子が判る写真を撮ればよかったです。
部屋の中央に大きな操作卓があり、その向こう側(船の後部側)壁面に送信機などを収容した制御架が設置されています。操作卓の上の写真は、タモリさんがブラタモリで訪問した時のものです。

以下順に見て行きます。

▼操作卓左側
摩周丸、第二装置送信機
左が第2装置送信機で、写真中央の黒い丸形の機器はブレークインリレーです。送信機らしくメーターが付いていて、メーカーはアンリツで、TYPE-T-45Cという銘板が付いています。モードはA1-AとA2-Aとなっているので電信だけのようです。

下段は電源の切り替えのようで、MAIN 100V / 700VA MG / 3kVA MG と表示があります。100Vが船内共通電源で、MGは非常用の電動発電機ということでしょうか。

その右の電話用の受話器があるあたりは、たぶんVHF?の無線機です。

▼受信機
摩周丸、全波スポット受信機 NRD-3D
全波スポット受信機と書かれているので、汎用に使っていた受信機だと思います。ちなみに日本無線(JRC)製で、NRD-3Dという型番が読み取れます。調べてみると、真空管とトランジスタを使った第一局発可変のダブルスーパーのようです。JRC Radio さんこちらのページ(NRD-3Dのカテゴリ)に詳しい解説がありました。
JHMIという無線局の呼び出し符号が写っていますが、この上に毎時2回の沈黙時間を赤く塗った時計が取り付けられています。(この写真には写っていなくてすみません。無線室全体写真には写っています)

▼ANR受信機
ARN受信機
たぶんこちらが通常の通信に使っていた受信機だと思います。あるいは、この左に4つの独立した固定チャンネル受信機があるので、そちらがメイン受信機かも知れません。
ともかくこれは、20chの選択式の受信機で、チャンネル毎にΔfと書かれた半固定ツマミ(たぶん半固定コンデンサ)で水晶の周波数微調整を行い、ゲイン調整もチャンネル毎に独立してを行うようになっています。

手前の電鍵は見学者が自由に触れるようになっていて、モニター音を聞くことが出来ます。私は電話級の免許しか持っていないのでCQCQくらいしか打てませんが、音がクリック気味で僅かにチャープがある感じだったのでCRオシレータなのでしょうか、違ってたらすみません。

後ろの架の話に移ります

▼左側
摩周丸、送信機ほか
左は「Automatic News Reciever」と表示があってアンリツ製です。これ、新聞の紙面を自動受信していたのでしょうか。

中央の架は電気時計と書いてあって時計が埋め込まれていました。これはひょっとしたら船内時計の親時計なのかも知れません。通信室でJJYを受信して時計を合わせていたのでしょうか。

▼送信機
送信機
第1装置送信機と書かれているので、これが主送信機でしょう。中を見ることが出来なかったのですが、帰ってから調べてみると、ファイナルはP球(ぴーだま)のようです。

上に付いているメーターのフルスケールは、PA-IP(たぶんファイナルのプレート電流)が1000mA、 HTはたぶんプレート電圧で 5000Vの物が付いています。プレート電流はディップした状態で使うでしょうからまあ200mA、電圧は3000Vで使っていたとすると、入力は600W。CWなので効率60%とすると、出力360Wというところでしょうか。

▼送信機とアンテナ切り替え機
摩周丸、送信機とアンテナ給電線
送信機の上から出た出力は、天井のANT SELECTOR(アンテナ切り替え機) と書かれた箱を通って、三本のアンテナ給電線に接続されています。この線は剥き出しなので、長い棒を持ってこのあたりをうろうろしていると感電する恐れがあります。そういうアホは入っちゃいけない部屋なんでしょう。

なお、左の架は送信機ですが、その右は乗組員に対する操船作業指令用のアンプ、さらに右は乗客案内用のアンプだと思います。広い船内に放送するためには、大出力のアンプが必要なので、これくらいのサイズにはなりそうです。

▼船内指令器
船内指令器
乗客用の放送アンプのようです。アンリツ製で、1965年 PUBLIC ADDRESSOR と書かれた銘板があるので放送用アンプ、いわゆるPAだと思います。乗客と言えども船長の指示に従わないといけないので、指令器なんて名前になっているのでしょうね。なお、ここにはラジオ受信機があるので、ラジオ放送を流すことも出来たようです。ニュースや相撲の実況を船内に流すと、喜ばれたでしょうね。

話が少し変わりますが、青函連絡船の洞爺丸が台風で沈没するまでに少し時間があったと思います。その時、この写真のような船内指令器が使われて、乗客に指示が伝えられたはずです。だんだん状況が悪化するなかで、どんな指示が出たのか想像すると、ちょっと胸が痛くなります。

▼FAX受信機
気象FAX?
天気図などを受信していたのでしょう。そう言えば、昔はHFの電波を使ってで天気図や新聞を送ることもやられていたような気がします。

▼上甲板
摩周丸上甲板
左舷の船尾付近から船首方向を見た写真です。通信室は前方のマストの右下付近です。アンテナ用の空中線らしきものが写っていますが、これはイルミネーションの電球の配線だと思います。ちなみに左に見える山が函館山で、この山頂から摩周丸が良く見えて、夜はイルミネーションが綺麗でした。

◆まとめ
思いがけず懐かしいものに再会出来て嬉しかったです。こんなことなら、デジ一を持って行って、高解像度の写真を撮ればよかったです。ちなみにこの記事の写真は、コンデジ(キャノン IXY640)で撮ったものです)。

帰った後で気付いたのですが、この時代はロランが使われていたと思います。摩周丸のブリッジにはロランやデッカの受信機があったはずなので、これを見逃してしまったようで残念です。

私がアマチュア無線を始めた頃はまだロランの電波がいっぱい出ていて、受信機で簡単に聞くことが出来ました。ロランの周波数は1.8MHzあたりですが、その第二高調波が3.6HHzあたりに。また、中波ラジオにはイメージで890kHz (1800 - 2 * 455 = 890 kHz)で受信出来ていたと思います。ちなみにロランはパルス波なので、その周辺の周波数にスプラッタが出まくっていました。

ロランAについてもっと知りたくてネットを調べてみると、100kHzで運用されていたロランB ロランCの情報はいろいろ出て来るのですが、ロランAについてはさっぱり情報がありません。インターネットの開始以前に停波したので、そういうことになるのでしょうね。逆に言うとインターネットの情報ってその程度のものなんですね。

グチを書いたお詫びに、もう一つ電子(電気)工作関連ネタです。

▼北海道の太陽光発電パネル
北海道のソーラーパネルは角度が立っている
東京付近と比べると設置角度が明らかに立っていて、かなり北に来たことが実感できます。なお、この写真はそんなに傾いている感じがしないのが残念です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

素晴らしい写真をありがとうございました。興味深く拝見させていただきました。LORAN-Aについて、下記のようなサイトを見つけました。私には知識がないので、お役に立てる情報かどうか分からないのですが、よろしければご高覧ください。
URL「http://www.jproc.ca/hyperbolic/loran_a.html

No title

自分、摩周丸は外から見ただけで中には入りませんでした。外はけっこう傷んでいるように見えたんですが、中はすごく綺麗に保存されているんですね。

自分が4級船舶を所得した頃(1986・7年)はまだGPSが民間解禁されておらず、大型のプレジャーボートにもLORAN(Bではなく”C”ですね)が積まれている挺がありました。一度その操作を見せて頂いたことがありましたが、自身の航行軌跡がディスプレー上に映るのに感動しましたっけ(自分たちは、海上でよく迷子になってましたから^^;)。

T.S.U.さん、おはようございます

情報ありがとうございます、時間のある時に読んでみます。

受信の原理は知っている(つもり)なのですが、送信側をどうやっているかが謎なんですよね。真空管くらいしか無かった時代ですから。

鍛冶屋さん、おはようございます

4級船舶ですか、うらやましいです。

ロランBではなくCですね、勘違いしてました。記事の方も訂正しておきます。

つい同調ダイヤルが気になって

こうやって詳細かつ拡張情報のレポートを読ませていただくと、自分が旅した以上の発見がありますね。ありがとうございました。
このタイプの連絡船は、ワム(15トン積み有蓋車)換算で48両=東北本線の貨物列車1編成分を積載したという報告が、この施設のサイト(http://www.mashumaru.com/)のよくある質問に掲載されていました。寝台車をそのまま積んだこともあったようです。
子供の頃、青函連絡船は列車に乗ったまま海を渡れたと聞いたか読んだかしたことがあります。後から思えば、乗客ごと客車を収容するのでは、事故の際の避難にも問題があるかと思いますが、寝台車を載せる意味って乗せたままのような気もします。実際はどうなんでしょう。
個人的には、12枚目、船内放送アンプに付いてる指針つきのバーニヤダイヤル(副尺ないから遊星減速ダイヤルと言うべきか)が注目でした。高校の初めに作った高1中2受信機で、これだけは欲しくって、スプレッドバリコン用に無理して買ったことを思い出しました。普通はバーニヤで済ませるところ、周波数直読したかったのでした。このアンプでも放送受信用でしょうね。
昨年は、仙台から青森まで車を走らせたのですが、函館は未踏です。いずれ挑戦したいです。

re:つい同調ダイヤルが気になって

記事を気に入っていただいたようでありがとうございます。

ここに書いた情報の多くは、帰ってから写真を拡大して見て判ったことです。画像から得られる情報は多いですよね。

貨車の積載量は摩周丸のHPに書いてあったんですね。あと、寝台車のくだりで、人を乗せていたかどうかはどうなんでしょうね。

12枚目の写真のラジオのダイヤルは使い易そうですね。どれくらいの減速比になっているんでしょうね。現物に触れるようになっていたと思うので、どなたか現地に行った時に確認してもらえないかな?

あと、今回の旅行は、行きは新幹線で新函館まで、途中はレンタカー、帰りは新千歳から飛行機という面白いパターンのパッケージツアー(JTB)で行きました。

やはり無人車両を積載

気になって少し調べてみました。個人間質疑なんで検証未了ですが、書きぶりから確かな情報にみえます。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1478707774?page=1#sort
日本人の乗れる寝台車航送は、1950~54年の間だけ。やはり乗客は一度降りて船室に入り、無人の寝台車を収容したとのこと。その理由が暖房と便所だというのはいかにもです。背景には青函海峡の長さと荒天。(余談ながら短くて波穏やかな宇高連絡船には乗ったまま航送もあったとか)
この2航路が航送を止めたのは、洞爺丸と紫雲丸の事故だったというのはトリビアながら、安全重視が進んだということなのですね。
ついでに発見したのですが、青函連絡船は船舶電話も装備して乗客が一般回線に架電できたようです。6枚目写真のVHF?ハンドセットは、その親機じゃないでしょうか。
一般のバーニヤダイヤルは、減速比8:1だそうです。指針盤つきも似た操作感だったんで、そんなものかと。マサツ駆動なんでバックラッシュはありますが、指針は軸直結で、直線表示の糸かけ式よりは信頼感がありました。

re:やはり無人車両を積載

いろいろ情報が出て来て、状況が明らかになってきますね。リンク貼っていただいた情報、確かに納得できる話で、回答者は関係者あるいは鉄な方みたいな感じですよね。

あと、あの受信機のチューニングダイヤルは、いわゆるフリクション式(遊星ローラー式)のバーニアなんでしょうかね。ひょっとしたら、二軸の平歯車方式なら面白いのに、なんて妄想してます。まあ、バックラッシュを消すのが大変ですが。

ダイヤル部品の構造

ご指摘の通り、従来型のバーニヤダイヤルと同じ構造でした。フリクション方式というんでしょうか、遊星部材は2枚の円盤で内側のツマミ軸円盤を挟み、マサツで回転するものです。ツマミ感覚としてのバックラッシュはしかたないことで、バリコン軸と指針の完全一致は価値ありました(糸かけが普通の時代)。

従って、バリコンの軸はツマミ位置に一致します。私の場合困ったのは、隣のメインバリコンが従来型バーニヤ、スプレッドがこの指盤付きで、並べて設置するとパネル面では、見かけの高さが、大きく違ってしまうこと。確か、メインバリコンに下駄を履かせて、少し高めに設置したのですが、シャーシ下のコイル(4バンドパック)との距離が大きくなってしまいました。

12枚目写真でも、パネルの金属線のあたりにシャーシがあるとしたら、ツマミのあたりがバリコン軸の高さで符合します。その高さにもう一つ従来型バーニヤを付けると凸凹パネルになってしまいますね。

つい余談が長くなり、せっかくの無線室詳細や摩周丸から離れてしまいました。この辺までにしておきます。
ありがとうございました。

re:ダイヤル部品の構造

macoswayさん、了解です。
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード