google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

8インチタブレット, HUAWEI MediaPad M3 Lite8 (LTE) の液晶パネル交換

◆まえがき
これまで使ってきたタブレットの Nexus7(2013) もそろそろあちこちが限界なので、新しい物が欲しくなりました。

とは言っても新品を買うのでは無く、液晶割れの物をヤフオクで安く落とし、液晶パネルを修理する作戦です。ちなみに今使っている Nexus7 (2013) も同じことやってます

◆機種選定
8インチクラスの Android のタブレットが欲しいのですが、最近はこのサイズはあまり売られていようで選択肢は少なかったです。結局手に入れたのは、MediPad M3 Lite8 (LTE) です(RAM 3MB, ストレージ32 MB)。これ最近何かと話題になっているHUAWEI 製で2017年頃に販売開始になった物です。まあ、発売済の物がいきなり使えなくなることは無いだろうし、最新の製品でなくても私は気にしません。それにタブレットって消耗品なので、私にはこれで充分です。

▼手に入れた MediaPad M3 Lite8
画面割れのMediaPa M3 Lite8
激しく画面が割れていますが、これでも画面は正常だし、タッチパネルの問題はありません。なお落札価格は約4000円でした。

Aliexpress から交換用のパネルを入手して修理開始です。

▼交換用に入手したパネル
修理のために入手したパネル(ゴミ含む)
いろいろパネルがあって、苦難の道だっとことを物語っています。使ったのは右上のパネルで、Aliexpress で 28$ でした

左上は、電源入れてみたら内部の液晶のガラスが割れていた物。上段中央は、届いたものの全然別の機種用のパネルだったものです。これらは Aliexpress で Open Dispute して代金を取り返したのですが、その話はまた別途。

下段は最終修理直前のタブレットで、修理のために液晶を取り外した過程で、ガラスが破損して無残な姿になっています。こんなになってもちゃんと動くんだから、たいしたものです。

以下、修理の過程を写真多めで紹介して行きます。

▼分解準備
ガラスの飛散防止のために、新聞紙で作った受け皿の上で作業
修理のためには前面ガラス(と液晶)を本体から外さないといけないのですが、その過程でガラスが割れる可能性があります。割れたガラスが飛散すると後始末が厄介になるので、新聞紙で作った簡単なトレーの中で作業しました。なお、当然ですが、電源は OFF にしておきます。

▼徐々にガラスを浮かせていく
少しづつガラスを浮かせていく
吸盤で引っ張りってガラスの縁を浮かせ、そこに PET樹脂 の薄板を潜り込ませ、ガラスを少しずつ浮かしていきました。なお、ガラスは本体のアルミ枠に両面テープで接着されているだけです。

シリンジに入れたエタノールを隙間にたらして、両面テープの糊を緩めながら作業を行うとうまく剥がれて行きました。ただ、エタノールが液晶パネル内に染み込むと明るさムラを発生させるようなので、もしパネルを再利用するつもりなら、エタノールは使わない方が良さそうです。他にはドライヤーで温めて両面テープを柔らかくする手もあるそうですが、手加減が難しそうです。

▼剥がれてきた
あと少し

▼二枚降ろし完了
液晶パネルの分離完了

▼パネルの接続フレキコネクタの止めネジを外す
フレキコネクタの押さえねじ

▼HUAWEI MediaPad M3 Lite8 LTE モデルの内部 (クリックで別窓にもう少し大きな写真)
Media Pad M3 Lite8 の内部
本体の基板は意外と小さいです。部品の表面がシールド板などでおおわれているので、どこで何をやっているのか判らなかったです。あちこちに指紋が付いているのが気になりますが、中華な製品ではよくあることです。でも、売り物を扱っているんだから手袋くらいしろよな。

▼液晶コネクタと指紋センサー付近
コネクタまわり
導電テープ?やポリイミドテープで補強されているので剥がします。なお、これらのテープは再使用するので、丁寧に剥がして保管しておきます。

▼指紋センサーの押さえ金具を剥がす
指紋センサーの押さえ金具を外す
指紋センサーは新しいパネルには付いてこないので、古いパネルから取り外す必要があります。このセンサーの押さえ金具は接着で固定されているので、カッターの刃を喰い込ませて慎重に剥がしました。押さえ金具を外せばセンサー本体は簡単に外せます。

▼ポリイミドテープを剥がす
ケーブル押さえテープ
これは指紋センサーの押さえ金具を外した状態で、指紋センサーのケーブルを固定しているポリイミドテープを剥がしているところです。コネクタを押さえているテープを外したら、フレキコネクタのロックレバーをリリースしてコネクタを抜けば、各部品が分離できます。

▼分解で取り外した部品
取り外した部品
下に見えるのは、新旧の液晶パネルです。なお、この写真を撮った時点では不良パネルだとは知りませんでした。

この後の仮配線で、新しく買った液晶パネルが不良品であることが判ったので、パネルの再発注を行い、続きは約2週間後に再開しました。

新しいパネルを仮配線して動作確認を行い、問題無さそうだったので作業の続きを再開しました。

▼新しいパネルに指紋センサーを接着
指紋センサーを接着中
2液のエポキシ接着剤で指紋センサーの固定金具を表面のガラスに接着します(緑矢印部)。この写真はエポキシが硬化するまでクリップで固定している様子です。

次に液晶パネルを両面テープで接着しますが、その準備として、

▼ストライプ状の両面テープ作り
両面テープをストライプ加工
剥離紙付きの両面テープシートが液晶パネルに同梱されていたので、これを切って幅 1mm くらいの両面テープを何本か作りました。ハサミで切っても良いのですが、真っ直ぐ着る自信が無かったので、ガラス板の上で金属製の定規をガイドに使ってカッターで切って作りました。

▼本体に両面テープを貼る (クリックで別窓に拡大)
両面テープのストライプを本体の合わせ面に貼る
本体側のガラスの受け面にストライプ状に加工した両面テープを貼り付けます(赤色矢印部)。面積の広い所でも、べったりとテープは貼るのでは無く、ストライプ状のテープを貼っておきした。こうしておけば、万一剥がすようなことになっても、その作業が楽になるはずです。フロントカメラ部にはゴム製のリングが貼られているので、これも両面テープで貼っておきます(緑色矢印部)。

ここまでやったら、両面テープの剥離紙を剥がす前に、本体と液晶パネルを合わせてみて、無理なく入ることを確認した方が良いです。また、電源を入れて正常に動作することも確認しておきます。

問題が無ければ、いよいよ接着です。

▼両者を結合、接着
吸盤を使って本体に位置合わせ
両面テープの剥離紙を全部剥がし、パネルを接着します。変な位置に接着されると困るので、吸盤を2個使ってパネルを持ちながら、慎重に位置合わせしました。まあ、落とし込み構造になっているので、中途半端にズレることはありません。

▼完成
修理完了して動作確認、OK!

▼タブレットケースに入れる
タブレットケースに入れた
このケースはAliexpressで $4.4 で買ったものですが、裏側は透明な PU 樹脂になっていて、全体の厚さは 11mm と薄いので具合が良いです。探し方が悪いのかも知れませんが、アマゾンを含んで国内でこういう物は見つからなかったです。

◆まとめ
これで数年はしのげると思います。このタブレット (MediaPad M3 Lite8) は中級よりやや下のクラスだと思いますが、動作はそこそこ軽く、Nexus7 と比べると画面も大きいので、一度使うともう戻れません。

Nexus7と比較するとGPSの性能がすごく良くなっていて、衛星捕捉までの時間が短くなり、位置精度も上がっています。Yahooカーナビで使うことが多いのでこの点も助かります。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード