google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

おもちゃのオフロードバギーのリアサスペンションの修理

おもちゃ修理記事の2回目、今回はサンドバギーの修理です。おもちゃ病院では電子回路関係の修理を担当することが多く、メカの修理はあまりやらないのですが、めぐり合わせで担当することになりました。

▼サンドバギー
サンドエクスプローラー
2.4GHzの防水サンドバギーです。何とリモコンで操作出来るカメラが付いていて、静止画と動画をカメラに刺したマイクロSDカードに記録することが出来ます。

故障個所は、

▼リア左サスペンション
左後ろサスの損傷状況
ドライブシャフトが無くなっています。またロアーアームの車体側の軸も無くなっています。ロアーアームのジョイントも欠損と割れがあります。

▼リア左サスペンション
右後サスの損傷
こちらもロアアームの車体側に欠損と割れがあります。ちなみに、この写真はロアーアームの車体側のリンクを外した状態で、下の方にドライブシャフト(ドッグボーン)が見えています。

これ、かなり強い衝撃を受けたのだと思います。このおもちゃの性格から言って仕方が無いのかも知れませんが、こういう修理ばかり来るようになったら、ちょっと困ります。物は大事に使いましょう。

ともかく修理のためには、無くなってしまったドライブシャフトを作らないといけないので、簡単な図面を起こします。

▼ドライブシャフト(ドッグボーン)の図面
ドライブシャフトの図面
右側のドライブシャフトが残っているので、それを採寸して図面を作りました。おっと、ピンの中心間距離の寸法が抜けてますが、26mmです。

▼ドライブシャフトの製作完了
ドライブシャフトとサスペンションピン
手前が新しく作ったドライブシャフトです。6mmのアルミの丸棒があったので、それを加工して作りました。
一番上の曲がったピンはサスペンションの軸に使用するもので、φ2mmのIV線を曲げて作りました。軸の抜け止めを作るために変な形になっています。

▼シャフトを入れて具合を見る
新しいシャフトを取り付けてみる
可動範囲が確保されているかチェックしているところです。

部品さえ揃えば組み立ては簡単です。

▼組み立て完了
修理完了
サスペンションのピンはこの写真の赤い矢印で示す位置に差し込み、曲げた先をサスペンションのロアーアームにタイラップで止めて抜け止めとしました。

損傷していたロアーアームの軸穴は、横にφ1mmの穴を開け、そこにステンレスワイヤを通して軸受け部を外から縛ることで修理しました。なお使ったステンレスワイヤはφ0.28で3回巻きしました。

▼修理完了 (左後輪を下から見た写真)
修理完了左後ろから見る
アルミのドライブシャフトがたくましいです。この部品は絶対に壊れないでしょう。
ステンレスワイヤをツイストして締め上げた末端は尖っていて危険です。そこで安全のために先端を曲げ、更にホットボンドを盛って保護しておきました。(下側の2つの緑色矢印)

◆まとめ
ということで、修理は無事完了しました。こういうメカの修理は電子工作とは違った楽しさがあります。

これ、2.4GHzのトイラジですが、知らないことが多かったので記録を兼ねてここに書き留めておきます。
 1.ペアリング手順は、本体電源ON→リモコン電源ON→リモコンのステアを左右に操作。
 2.電池の消費電流は
  ・車両側:待機時 17mA、ペアリング時 10-20mA、運転時は600mAくらい
  ・リモコン:待機時 0.4mA、操作時 15mA
  ・カメラ用電池:待機時 102mA(車の電源を入れた状態)
 3.待機時の消費電流は意外と小さくて良く出来ている感じです。ただ、カメラ用の電池は単4電池2本なのですが、消費電流が 102mA と大きいので、これでは 6 時間くらいしか電池が持たないと思います。つまり本体電源を切り忘れると翌日には空になっているはず。
 4.フロントステアリングは遠心クラッチを使った動力伝達機構になっていて、衝撃に強い構造。
 5.リモコンの操作に対して実際の動作(前進/後退、ステア切り)がワンテンポ(0.2秒くらい?)遅れるので、あまり楽しくないです。ラジコンの信号処理がへぼい?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード