google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

台風19号の通過に伴う気圧変化

大型の台風19号が近くを通過しそうだったので、気圧の変化の記録を取ってみました。

やり方は以前と同じで、LPS-25Hを使ったアナログ表示の気圧計から10分間隔でシリアルに流しているデーターを、TeraTeram を使ってタイムスタンプ付きでパソコンに記録しました。データーがPCに記録出来ればこっちのもの、エクセルで簡単にグラフにすることが出来ます。

▼気圧の値をPCに記録中
記録開始

▼台風19号の気圧変化
2019年台風19号の気圧変化@稲城市
規模が大きい台風だったので、気圧が下がってから元に戻るまで1日半くらいかかっています。

記録されていた最低の気圧は965hPaで、私がこれまでに観察した中で一番低い値でした。なお、気圧の値は海面気圧に換算した値です。ちなみに、台風の経路図を見るとほぼ中心、つまり目が通過していて、目の通過中は風が収まっていました。

▼気圧計の針がスケールオーバー
最低気圧付近
この気圧計の最低側は980hPaまでしか目盛りが無いのですが、それを超えて(下回って)針が振れました。まあメカニカルなストッパーがあるわけではないので、機械的には問題ありません。

◆まとめ
台風の中心が通過するなんて、めったにないこと、しかもかなり大型の台風です。その気圧変化をきっちりと記録出来てよかったです。そうは言っても、被害にあった方がいらっしゃるので、よかったと書くのは不謹慎ではあります。

気圧変化のグラフは滑らかな変化では無く、変曲点があったりコブのような不連続な変化があるようです。以前記録したデーターでもそんな感じでした。これって、ひょっとしたら台風の気圧分布には螺旋形の溝みたいな構造があるのかも知れません。銀河の渦には腕のような構造がありますが、それと同じようなことがもし台風の渦にもあったら、興味深い話です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

綺麗な気圧変化でしたね

ラジオペンチさんところの気圧計はどうだったか? 気になっていました。
ご無事なようで何よりです。

素晴らしいデータがとれましたね。美しい気圧の変化グラフです。

部屋での観測の場合、換気口のフタが壊れてしまうと、風が強く外壁をながれると部屋の空気を吸い出して陰圧になるし、換気口にむけて風が吹き込むと、部屋が陽圧になります。
台風の通過中は、複雑な風の変化で、気圧はごくわずかですが上下します。
ので、多少の凸凹は気にしないで観測するといいみたいですが。

うちのNetatmoの気圧計もいいかんじにグラフになりました。今回は、綺麗な目の台風だったので、底が一つでしたけど、温帯低気圧のようなはっきりしない台風だと底が平らか凸凹ではっきりしないことがあります。

測定範囲を超えたのかな

測定お疲れさまでした。いいデータがとれたようですね。

台風を前にして、ラジオペンチさんは気圧計とにらめっこかなと想像し、地理的に近い私も、スマホアプリを取り込んでみました。無料アプリはアナログ目盛が960hpaまでしかないので、どうなるかと思っていましたが、アプリの一つは956hpaまで下がりました。

ラグビー終盤に目を奪われてましたので残念ながら連続変化は見ていません。アナログ針はオーバーランして、高気圧の側まで進んでいました(笑)。

気になったのは、高度計とセットのアプリなんですが、我が家の高度が勝手に30mくらい上がってしまいました。気圧による補正? GPS情報取り込んだ意味がないじゃないですか。

翌日までこの最低気圧値が残っていましたので、一定時間起動してないと測定更新してくれないのかもしれませんでした。まあ無料アプリだとこんなものでしょうか。

いい情報とステキなグラフありがとうございました。

海面気圧換算値

追伸「海面気圧に換算した値」という記述を見落としていました。
我が家の海抜高度は70mほどですので、簡易な計算では、7hpa程度低いことになります。これがラジオペンチさんの測定値より低くなった事情かなと、ひとり納得しました。
お騒がせでした。

re:綺麗な気圧変化でしたね

今回の台風は気圧変化の幅が大きかったのと、通過時間が長くてデーター数が多いこと、それに直撃コースだったのできれいなグラフが取れました。

グラフの振れは確かに動圧の変化の影響が大きいと思います。

ただ、いつぞやのグラフに川崎市の方から頂いたコメントで、その方が測定して作られたグラフと、「途中の凸凹の特徴まで一致している」なんて情報を頂いたことがあるので、気になっています。

Netatmoの気圧計をお持ちでしたね。直撃コースでなくてもきれいなグラフが書けたというで、今回の台風の大きさが実感できます。

お隣の川崎市より

お久しぶりです。
台風19号のスマホの気圧ログです。
20:58頃の963hPaが最低でした。
実測値
https://imgur.com/u25qBsT

re:測定範囲を超えたのかな

そうですね、気圧計を見やすいところに置いて、針の変化を楽しんでました。

あと、せっかくなので気圧高度計も動かしていたのですが、高度が400mくらい上がって面白かったです。まあ理屈はわかっているのですが、実際に体験出来るチャンスはそうは無いのでこちらも楽しめました。

あと気圧計の表示を絶対圧にしても良いのですが、海面気圧を表示するようにしておくと、天気図の値と一致するので使い易いです。まあ、場所を固定して使っているから出来る話ですけど。

re:お隣の川崎市より

お久しぶりです、ちょうどダックさんの噂話をしていたところでした。

以前コメント頂いた時もそうでしたが、そちらのグラフと私のグラフで波形の特徴が似てますよね。980以下は凸凹が無い、気圧上昇時の983hPa付近の引っ掛かりなど。

まあ同じ台風を見ているので当然なんでしょうけど、気になってます。

グラフに出てきた「ひっかかり」

ダックさんの観測グラフは、まさしく相似ですね。
他にないかと思って探したら少しありました。
https://blog.goo.ne.jp/kosakuzissyusei/d/20191014
気圧計はメカニカル式の失敗報告ばかりで、突然ブレッドボード型がでてくるので、どういう装置か不明ですが、結果はやはりは相似です(観測地はやや芯を外れているようです)。
http://web.sugiyama-u.ac.jp/~yamane/honkoma/Vantage_Pro_Plus.htm
こっちは8時間幅しかなくて、どんどん更新されてしまうらしいので、気付いた時には、もう台風なしのグラフでした。次回はしっかり見ようと思います。
アマチュアがいろいろ励まれてるのですね。素晴らしいです。

さて、「台風の気圧分布に螺旋の溝」と「銀河の渦に腕のような構造」興味深いです。

風速は中心ほど速く外部は遅いのに、同じ角速度なら外周が速くなければ同じ形を保てないことを考えたら、外周部がひきちぎられて渦を描くことは想像できますね。洋上での雲の写真では腕のように細く長い雲があって、雲腕の隙間は海が見えています。雲は上昇気流がある、つまり海面気圧が低いところに成長するとしたら、隙間は下降桐生で気圧が(相対的には)高いはずです。

こんな状態を示す絵がないかなと思ったら、何かのグラビア本の引用でしょうけど、こんな図がありました。
http://icchou20.blog94.fc2.com/blog-entry-710.html
下に2/3くらいスクロールすると「台風の断面図」という絵があります。これを見ると、台風の目から外側は一様の気流分布ではなく、上昇と下降が交互に配置されるみたい。台風が大きくなるほど、目が目であり続けるためには、途中に息継ぎのような下降気流ができてしまうんだと見えます。これが逆さ富士山型を崩す「ひっかかり」なんじゃないでしょうか。

台風が小さい間は、竜巻のような上昇気流一本の上にエリンギのような形の丸い雲だけで保つのでしょうけれど、発達するとその形が保てずに、螺旋型の隙間ができてしまうって、想像するとなんか楽しいです。

すみません訂正と補足

なぜか自分の投稿が編集できないので、一部付け足します(パスワードつけ忘れかも)。

「隙間は下降桐生で」→「隙間は下降気流で」
「息継ぎのような下降気流ができてしまう」→「息継ぎのような下降気流で気圧が上がってしまう」

あと、図だけ見るなら、こちらの方が鮮明でした。
https://blog-imgs-124-origin.fc2.com/i/c/c/icchou20/20190301135629f22.png
スパイラルバンドの間に下降気流があることを明記してくれた図はこれだけでした。

見苦しい付け足しコメントの連続で失礼いたしました。
お騒がせお詫びします。

re:グラフに出てきた「ひっかかり」

調べて頂いてありがとうございます。他所のデーターでも確かに引っ掛かりがありますね。

地形の影響もあるのでしょうが、レイノズル数の変化とか、湿り空気の状態変化とか、いろいろな物理法則が絡んできて面白そうですよね。

気象庁から10分間隔の気圧の測定結果が公開されているので、グラフにして比較してみようかと思います。結果は別の記事で紹介することになると思いますが、お楽しみに。

コメントの編集機能、私は使ったことないので良く判っていないです。修正が難しかったら不要なコメントは削除できるので、言っていただければすぐに対応します。

噂話

あのクシャミ連発の理由は(笑)
私は単に記録してるだけですが、
皆様の参考になれば。

2017年 台風 21号 22号
https://i.imgur.com/WeVhM17
2019年 台風15号
https://i.imgur.com/0MWOzxm

re:噂話

情報ありがとうございます。

URLを貼っていただいた気圧グラフにも、途中に引っ掛かりがありますね。こうやって記録しておくと判りやすくていいですね。
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード