google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html
FC2ブログ

VDSLモデムルーターを交換(BL902WH)、 auひかり VDSLタイプV

うちではインターネット回線に auひかりの VDSL回線(タイプV)を使っているのですが、機器の入れ替えということで新しい VDSLモデムルーターが送られてきました。希望すれば業者が来て入れ替え作業をやってくれるのですが、自分でやった方が手っ取り早いです。

事前に送られてきた資料を読むと、新しいルーターは DHCPのアドレス割り当てが 64個まで出来るそうです。これまでのルーターは割り当て数がたった8個だったのでだいぶ楽になりそうです。

そうは言っても何でもかんでもDHCPの自動割り当てにしていると面倒なことが起こり易いので、いつも使う物は固定IPアドレスで使うようにします。ただ問題は、これまで固定IPアドレスで使っていた領域の一部が DHCP割り当て範囲に変わるので IPアドレスの変更が必要になります。

そんなことで自宅内LANのアドレスリストを作り直しました。

▼自宅IPアドレス一覧表
IPアドレスリスト
(お断り:詳細が見えない程度の解像度にしています)
新しいルーターに交換した後でアドレス変更をすると、トラブルが出た時の問題の切り分けがややこしくなる可能性があります。そこで事前準備として、旧ルーターの状態で先にIPアドレスを変更しておきました。(元のアドレス+100を新アドレスにしました) 

▼変更前
変更前のネット機器
クローゼットの棚の上に電話とLANの回線を集めています。
左がNASで、上に載っているのがVDSLモデム(住電:VTE5030)とルーター(NEC:Aterm BL150HV)。下は1Gbpsのスイッチングハブです。今回、VDSLモデムとルーターを交換します。

交換する前に通信速度と消費電力を測定しておきました。

▼インターネット通信速度
変更前
この記事を書いた時点で、Googleで「インターネット速度テスト」という名前で出てくるサイトです(検索結果に測定ボタンがあります)。VDSLタイプとしてはやや遅い値ではないかと思いますが、普通に使っている分には特に支障はないです。

簡易測定による消費電力は、VDSLモデム(VTE5030):8.8W、ルーター(BL150HV):9.2Wでした。
なお電力の値は、カレントトランスオシロで電流波形の実効値を求め、電圧の100Vを掛けた値です。つまり力率100%と仮定した値になっています。もし位相差が30度あったとしても cosθは86.6%なので大きな誤差にはならないと期待しています。
消し線を付けた部分は不正確な記述でした。近日中に別の記事で検証と確認を行う予定です。

▼送られてきたVDSLモデム・ルーター
BL902-HW
NECのBL902HVというモデムルーターが届きました。ハードとしては無線LAN機能付きですが、これは別料金で契約しないと使えないようになっています。うちには無線LANのアクセスポイントは既に2つあり、片方は5GHzの 11acのAPなので使えない方が好都合です。ちなみに、このモデムルーター内蔵の無線LANは 11nまでです。

ネットワークの仕様は前の物とほぼ同じですが、ローカルのLANポートが1Gbpsになっています。(BL150HVは100Mbps)

▼交換後
入れ替え後
箱が一つ減ったのですっきりしました。なお、ここから各部屋にケーブルで接続し、末端には必要に応じスイッチングハブを置いています。

USBメモリーを挿しっぱなしにして、共有ドライブとして使うことにしました。ちょっとしたファイルの受け渡しをしたい時に便利です。もちろんNASでも同じことが出来ますが、消費電力が大きいので普段は電源をOFFにしています。

通信速度と消費電力の測定結果ですが、

▼インターネット通信速度
変更後の速度
ダウンロードは速くなっていますが、アップロードがアホみたいに遅くなっています。誰かが大量にアップロードしているのでしょうか。これは少し様子を見たいと思います。なお、速度測定のサイトによっては20Mbpsくらいのアップロード速度が出ることもあって、状況がよくわからないでいます。

消費電力は、19.4Wでした。もっと減るものと期待していたのですが、合計では以前とほとんど変わらない値でした。

消費電力をちゃんと測定してみると、12.8Wでした。

◆まとめ
最初の方に書いたように、DHCPの割り当て範囲にかぶってしまうので、固定IPアドレスの機器は元のアドレスに100を足した値に全部変更したかったのですが、2台だけ簡単に変更出来ない物が出てしまいました。幸いこの2台のアドレスの値が近かったので、DHCP割り当て対象外アドレス指定機能を使うことで問題を回避できました。新しいルーターは機能がいろいろ付いていて便利です。

気になるのはアップロード速度がいまいちな点です。これは様子を見て実害があるようなら au に相談しようかと思います。そういう時に、交換前のネットスピード測定結果の画面を持っていると話が進めやすくなるはずです。

今回いろいろな機器のIPアドレスを変更したのですが、ほとんどは画面を見るだけで簡単に変更出来ました。ただ、けえらく判り難かったのがエプソンのプリンタの EP-879AW でした。このプリンタの有線LANのIPアドレスの設定は、何と無線LANの設定メニューの中にありました。ややこしいのは、有線LANの設定メニューもあることです。こっちはルーターのプリンタポートにプリンターを接続した使う場合の設定のようです。どうもルーターのプリンターポートにプリンターを接続することを有線LAN接続と呼んでいるようです。これ日本語として間違ってはいませんが、そういう俺様ルールは止めて欲しいです。いや、私が何か勘違いしているのかも知れません。

追記(2020/2/13)
その後ネットスピードを測ってみると、アップロード速度が速くなっていました。
ネット速度、その後
これくらいの速度が出ていれば特に不便は無いはずです。使っていくうちに伝送経路の最適化が進んだ結果なんでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

ご無沙汰しております。

契約しているプロバイダの通信形式は、PPPoE方式でしょうか?
どうしても、PPPoE形式だと混雑しているので、外部tの通信速度が遅いかもしれません。IPoE方式だと、トラフィックがすいているので早いと思いますが、
FTPサーバーで固定アドレスを使っている場合には、ブロックされてしまいます。

両者併用で使ってみようかと、今度、自宅でトライしてみたいなと思っています。

re:はじめましてさん

ルーターのWAN側はインターネットに(ほぼ)同じIPアドレスでつながりっぱなしになっているので、PPPOEでは無いと思います。

ルーターの交換の記事を見せていただき、プロバイダーの契約を変えられたのかなと、思いました。接続スピードが早くなったのは、ルーターからプロバイダーのサーバーへの通信方式をPPPoEからIPoEに変えられた可能性があります。ところがこのIPoE方式は、セキュリティを上げているため、自宅から外部にある固定アドレスへのサーバや、自宅にある固定アドレスのサーバに対してブロックする仕組みがあります。
例えば、外から端末を操作して、自宅にある固定アドレスの機器を動かす事ができなかったと思います。
逆に言えば、そういった操作ができるということは、PPPoEのままだという可能性があります。
auひかりはあくまでも光の通信インフラであり、プロバイダーが別にあるのだと思います。
ウチは、光はNTTで、プロバイダはexciteを使っています。exciteでは、標準契約がPPPoEになっていて、IPoEはオプションとなっています。ただ、だいぶ外のアクセスが遅くなってきたので、IPoEに変更しようと考えていますが、そうすると固定アドレスの機器は、ブロックされるので、IPoEとPPPoEの併用契約にしないとならないと
考えています。

記事を読んで、宅内を固定アドレスに割り振りと、IPoEだと外に対してはブロックされるけど
大丈夫かなという事です。ちなみに、推測ですが、auひかりは通信インフラなので、別途プロバイダーがありそちらとの契約でIPoEかPPPoEを決めていると思います。
説明が分かりにくくすいません。

re2:はじめましてさん

詳しい解説ありがとうございます。

うちの回線はKDDIの頃に契約したもので、その当時はプロバイダはdionが無条件で付いてきて選択の余地は無かったと思います。そんなことで今でもプロバイダはそのままです。まあ、名前はau one net に変わっていまが。

昔のフレッツのセールストークに、「PPPoEだからプロバイダをいろいろ切り替えることが出来て便利です」と言うのがありましたが、それって何が便利なのか私には理解不能でした。
掲示板荒らしに便利、ということなんだろうか?でもNTTがそんなこと推奨しないよなー、なんて思ってました。

あと、あらためて確認してみると、今ではauひかりでもプロバイダはいろいろ選べるようになっているんですね。知らなかったです。

書いている文が下手で申し訳ありません。

前からの契約移行ですと、PPPoEだと推察されます。ほとんどのユーザが、PPPoEだと思いますので、データ転送速度には限界があるかもしれません。PPPoEとIPoEの差って、結局のところ、車線数のようなもので、PPPoEが30年前の環八で、IPoEが今の拡張された主要幹線です。道が二車線でここを通らないといけないから、行くのに時間がかかったものが、幹線が増え分散化でき、早く到達すると言ったようです。まあ、もともとIPV4のときをベースにPPPoEが構築されたものが、IPV6になってそのままだから、混むわけです。ネットワークをwiresharkで見ると、v4とv6のプロトコルが動いてますから、これは時間がかかるわけだと納得されます。

すいません、随分と余談でした。失礼します。
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード