google-site-verification: google3bd66dd162ef54c7.html

USBホストケーブルの製作

 nexus7にSDカードなどを接続するためのUSBカードアダプタが不調になったので修理しました。症状としてはマイクロUSBコネクタの接触不良で、コンタクトのバネがへったってます。というかコンタクトのバネ性がほとんど無いので欠陥品を掴まされた気が・・

▼調子が悪くなったUSBアダプタ
動かなくなったUSBケーブル
 このマイクロUSBコネクタは折り曲げて本体の裏側に嵌め込むことが出来るようになっています。このコネクタとケーブルはこの製品のために設計されたものだと思いますが、こんなふうに標準部品を使わないで作られた部分は完成度が低くて、トラブルを起こし易い気がします。以前も似たようなコンセプトのコネクタでケーブル断線に遭遇しました。

 こんな故障はマイクロUSBコネクタを交換すれば直るだろう、と単純に考えて、ダイソーで適当なマイクロUSBコネクタが付いたケーブルを購入

▼これをニコイチすれば直ると考えたのですが、
これでニコイチ
 上の水色のケーブルの部品を移植すれば修理出来ると思ったのですが、

▼繋いでも動きません
とりあえず繋いでみたがダメ
 仮配線で繋いでみたのですが、動きません orz

 プロローグがとても長くなりましたが、ここからが本題。この記事のタイトルのUSBホストケーブル作りの話の始まりです。

 実はコネクタとケーブルの接続をテスターで当った時に、マイクロUSBコネクタのPin4がPin5(GND)とショートされていることが判っていました。ところが、新しく買ってきたマイクロUSBケーブルはPin4がケーブルに出ていないので、GNDに接続することが出来ませんでした。つまり電気的に全く同じ状態になっていませんでした。

 たぶんそこが原因だろうと思って調べてみると、やはりその通りでした。このあたりの話は、USBホストケーブルで検索するといろんな解説が出て来るのでそちらをご覧下さい。

 おとなしくUSBホストケーブルを買ってくればいいし、そんなに高いものではありません。でもとにかく、目の前にあるマイクロUSBコネクタのPin4とPin5をショートすることが出来れば修理できるはずなのでやってみました。

▼元のマイクロUSBコネクタ
元のマイクロUSBコネクタ
 まずは参考に元のUSBコネクタを分解してみました。これはUSBホストケーブルになっているはずです。この写真の左からPin1,Pin2で、右端がPin4,5です。こんなふうにPin4,5はまとめてハンダ付けされていました。Pin4をケーブルに引き出す必要は無いのでこういう処理になるんですね。

 ならば、同じことを普通のマイクロUSBコネクタでやってみることにしました。

▼コネクタのモールドを掘る
穴掘ってPin4と5を探す
 ミニルーターで掘ってカッターで掃除すると、配線の接続部が見えてきました。コネクタのコンタクト側から導通を当った結果、この写真のようにPin3, 4, 5 との接続が確認出来ました。しかし、Pin4の導体はコネクタ内部で途切れていて外部に引き出されていませんでした。出来るだけ引き出し端子のピッチ間隔を広くしたいで、不要なピンは引き出さない、ということなんでしょう。

▼Pin4と5をはんだでショートさせる
Pin4と5をはんだで接続
 作業は実体顕微鏡で見ながら行い、ハンダゴテのコテ先は一番細い物を使いました。ともかくこれでUSBホストケーブルが出来たはずです。掘った穴はホットメルトで埋め戻して整地。

▼ケーブルを接続
線を短く切り詰めて接続
 仮り付けだった線を本配線し、根元をホットメルトで補強。

▼修理完了
修理完了
 ケースを閉じて修理完了です。

▼動作確認
nexus7に繋いで動作確認、OK!
 nexus7に接続して動作確認、OKです。動作確認のLEDが裏側になっていて使い難かったのも解決出来ました。

◆まとめ
 たいして高いものではないので、新しいのを買えば済む話です。でも、この修理をやったおかげでUSBホストケーブルやそのコネクタの仕組みが良く判りました。それに部品代は100円なので失敗しても何てことありません。

iPhone6 のバッテリー交換は、

 iPhone6 のバッテリーが少しへたり気味になってきました。私のiPhone6は発売開始から2ケ月くらい経ってから買ったので、使用期間は1年と3ケ月くらいです。これ、まだバッテリー交換が必要な時期ではありません。でもこの先快適に使うためには、このへんでバッテリー交換するのもいいかなと思います。

 それに、2年毎に機種変更する大きな理由に、バッテリーの持ちが悪くなったというのがあります。でもその程度の理由で、償却が終わって維持費用が小さくなった端末を手放すのは馬鹿らしいです。キャリアの勝手な商法にずっと付き合う筋合いはありません。

 てなこと考えてネットを調べてみると、iPhone6のバッテリー交換を自分でやるのはそれほど難しくないと感じました。ということで、バッテリー交換部品セットを購入。

▼iPhone6用バッテリー交換セット
iPhoneバッテリー交換セット
 アマゾンで送料込みで2500円くらいで売られているもので、バッテリーと作業用の工具、両面テープがセットになっています。

 ネットにはiPhoneのバッテリー交換方法の解説記事がいろいろ掲載されています。でもiPhone6のバッテリー交換の解説記事はまだ少ないです。読んでみるとバッテリーを本体から剥がす方法など、明らかにおかしな内容になっているものも見かけます。たぶんiPhone5の頃の記事の流用なんでしょうね。

 ということで私が実際にやって、ここの記事が一番役に立ったとか、ここはこうやるのがコツだよとか、写真入りの解説記事を書こうと思ったのですが、、、そういう記事を書いてはダメです。

 携帯やスマホなどの電波を利用した機器を分解するのは法律に触れます。電波法に準拠した状態の物しか販売は許されていないので、作ったメーカー以外は分解してはいけないんです。さらに私はアマチュア無線の従免を持ってますから、電波法に違反した場合の罪は普通の人より重くなります。(と30年以上昔に習った気が、)

 ということで、なんだか割り切れないのですが分解は自粛します。

 あと、現在市中にある交換用のリチウムイオンバッテリーの品質は、純正品よりかなり劣っていることはデジカメなどで実際に体験しています。あれだけ安ければいろんなコストを削っているのは間違いないでしょう。でもどんどん改善されていくのは間違い無いと思いますがどうでしょう。

 それと、世の中にはiPhoneの分解修理をやる業者はいっぱいます。そういう業者はどうやっているかと言うと、登録修理業者制度の適用を受けて、合法的にやっているようです。でもこれって、お役人は許認可権限が増えるので大**でしょ。(以下書きたいことがいっぱいあるけど自粛) 

 ということで、この話はおしまいにします。

 ん、最近私のiPhoneの電池の持ちが良くなったような気がしますが、たぶん気のせいでしょう。それとアマゾンは違法な物売っちゃだめでしょうと思ったのですが、そうか観賞用なら売っても買ってもいいんですね。

nexus7(2012 Wifi)をKitkat(4.4.4)へダウングレード

 タブレットのnexus7(2012 Wifi)に入れたカーナビソフトが予想以上に快適に使えるので利用頻度が増えています。使っているアプリはYahooカーナビですが、地図が常に最新だし、渋滞を考慮したルート案内が出るので便利です。(スマホにテザリングして使っています)

 ここで問題になるのがnexus7(2012)の遅さです。バージョンがLolypop(5.0)に上がってからは遅くてほとんど使いものにならなくなっていました。Chromの閲覧履歴データのクリアを頻繁に行うことで、Webブラウジングだけなら何とか使える状態です。Y!カーナビも単独なら何とか動くのですが、同時にWebを見たりすると固まってしまう状態が頻発します。

 で、仕方ないのでシステムのバージョンを5.1.2から4.4.4に落とすことにしました。

 やり方はけっこう複雑ですが、多くの方がWebに公開されているのでその通りにやれば大丈夫です。特に参考にさせていただいたのは、こちら。
 Android 5.0 LollipopをダウングレードしてAndroid 4.4.4 KitKatに戻す方法(Nexus5,Nexus7,Nexus4など全Nexusデバイスで利用可)

ただ、私の環境(つまり私のマシンと脳みそ)の問題で大きく2つ嵌ったので、記事にしておきます。

1.IEがファイルの拡張子を勝手に書き換えてしまう問題
 バージョンを下げるにはそれに対応したイメージファイルをgoogleのページからダウンロードする必要があります。そこで該当のwebからファイルを落とします。

▼イメージファイルダウンロードページ
イメージファイルダウンロードページ
 ここからイメージファイルを落とします。で、ファイルを解凍しようとするとエラーが出て解説ページと同じように作業を進めることが出来ません。

 間違ったwebに行っちゃったかと思って、該当ファイルへのLinkの上にマウスカーソルを置くと、

▼正しいファイル名が表示されます
LINKにマウスカーソルを置いたときに表示されるのは.tgz
 ファイル名は nakasi-ktu84p-factory-2c6e4d6f.tgz となっていて、拡張子は.tgz なのですが、これをダウンロードしようとすると、

▼ダウンロード窓では
.tgzなのにwindowsが無断で.tarに変えちゃう
 絵が小さくて見づらいですが、拡張子が.tarに変わっちゃってます。実際にダウンロードされたファイルの拡張子も .tarになっていました。

 これに気付かずに作業を進めていたのでうまくいく訳がありません。念のためにChromeでダウンロードすると正しく.tgzでダウンロードされるのでうちのIE(バージョン11)の問題だと思われます。

 ひょっとしたらweb側の作りに問題があってブラウザをミスリードするような書き方になっているのかもしれません。でもファイルの拡張子を警告も出さずに無断で書き換えるなんて仕様はあり得ないと思います。他の方の所で同じ問題は出ていないようなので、私の環境特有な現象なんでしょうが、何てことしてくれるんでしょうね。怒!

2.Andoroid SDKのインストールで間違えた
▼SDKのダウンロードページ
SDKのダウンロードページ
 ここで提供されているインストーラー版(上側)をダウンロードして実行してしまいましたが、本来は下側の.zipを使うべきでした。

 だって、(Recommended)と書いてあります。また、日本語の解説ページはCドライブの直下にフォルダ切ってファイルを展開しろと書いてあります。でもルートディレクトリに新しくフォルダを切るなんてことは、出来るだけやりたくない操作です。

 と思ってインストーラ版を入れたのですが、解説ページと違うことをやったので、うまくいきません。そこで泣く泣くアンインストールして zip版を展開。まあこれは説明と違うことをやった私が悪いです。

 ちなみに、インストーラ版では C:\Users\user\AppData\Local\Android\android-sd のパスにインストールされるようなのでこれを環境変数のpathに追加すればたぶん大丈夫だったと思います。ただ、この場所は隠しフォルダだし、人によってユーザー名が違ったりするので混乱の元になりかねません。ということで、解説者の方はzip版を使うようにされているのかも知れません。

 その後はとんとん拍子に作業が進み。

▼flash-All.batの実行完了
完了
 アップデートの一連の作業がめでたく完了。

▼懐かしい壁紙に変わりました
4.4.4の壁紙が出てきた

▼バージョン確認
4.4.4へダウングレード完了
 4.4.4に変わっています。

▼ホーム画面を作り直し
デスクトップを作る

 これで作業完了です。バージョンを4.4.4に下げたら嘘のように快調になり、プログラムを同時にたくさん動かしても全然平気になりました。こんなことならもっと早くやっておけば良かったです。
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

ラジオペンチ

Author:ラジオペンチ
電子工作を中心としたブログです。たまに近所(東京都稲城市)の話題など。60過ぎて視力や器用さの衰えを感じつつ日々挑戦!
コメントを入れる時にメールアドレスの記入は不要です。なお、非公開コメントは受け付けていません。

記事が気に入ったらクリックを!
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
FC2カウンター
検索フォーム
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード